https(常時SSL)とは?SEO効果はあるのか?

The following two tabs change content below.

松崎茂利

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
プライベートコンサルティングの詳細はこちら

https(常時SSL)」が話題にあがることが多くなってきましたので、そろそろ記事にしておかなければいけませんね。

今後SEOにも大きな影響を与えることになるであろうhttpsとはなんなのか?どんな効果があるのかなどなどお話ししたいと思います。

https化

1.https(常時SSL)とは?

こんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎です。

まずは「https」とは何か?から簡単にご説明したいとおもいます。「https」は「hypertext Transfer Protocol Secure」の略になります。まぁ略は別に覚えなくてもいいのですが、「s」が「Secure」の「s」とだけ理解しておいてもらえればわかりやすいとおもいます。

ようは「安全に通信ができるようになりますよ」というもので、最近はGoogleも推奨しているので、いろんなサイトでhttps化が進んでいます。

去年の話ですが、アメブロもhttps化を進めるということで、いろいろ仕様変更があったり話題になっていました。

⇒ 【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について

インターネットの通信ってけっこう簡単に盗聴ができてしまうので、実はすごく危険がいっぱいなんですよね。公衆の無線LANなんて特に注意が必要で、暗号化されていないことが多いので、ちょっと知識を持った人ならあなたの閲覧しているサイトやメールの内容を“盗み見”することができてしまうのです。

この危うさを理解していない人が多いですが、盗聴は実際に起こっていることですので十分注意してくださいね。

httpsというのは、まさにこういった脅威からあなたを守ってくれるための仕組みなのですが、通信データを暗号化してしまうのでユーザーとサイトの間でしかわからない安全な通信になるんです。

httpsでやり取りされているサイトかどうかを調べるのは簡単で、アドレスバーを見ればわかります。通常は「http://」からアドレスがはじまりますが、暗号化されたページの場合は「https://」となっているので、すぐに判断することができます。

まさにいまご覧いただいているこのブログもhttps化してありますので、アドレスバーをチェックしてみてください。

https化

こういったサイトであれば暗号化されているので、安心して閲覧できるということを覚えておいてくださいね。特にオンラインショッピングや会員登録の際は重要な個人情報を入力する必要があるので、必ずhttpsになっているかどうかは確認しましょう。

2.httpsはSEOに効果があるのか?

https化はGoogleのほうでも力を入れていて、「ランキングシグナルに使用します」と公表しています。つまり、検索順位を決定する要因の一つになりますよということなので、やはり今後は避けて通れないところだと思います。

実はこれを発表したのはけっこう前で、2014年8月のGoogleウェブマスター向け公式ブログでアップされました。

⇒ HTTPS をランキング シグナルに使用します

検索ユーザーにとってより安全にインターネットを閲覧できるように、すべてのサイトをhttps化していこうと考えているわけですね。

そしてさらにそれを加速させるために、Googleは「https化しているページを優先的にインデックスする」とブログで公表しました。つまり、検索上位にいきやすくなるということです。

⇒ HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

上記のページの中でグーグルは、

昨年は、検索結果での HTTPS URL の掲載順位を若干引き上げる取り組みにも着手しました。

といっているように、実際に順位の変動は若干起こり始めていると思っておいていいでしょう。

そしてさらに、つい先日発表されたのですが、2018年7月よりGoogleクロムで、https化されていないサイトを閲覧した場合、「Not Secure(保護されていません)」という表示を出すことを決定したそうです。

ちなみに、日本国内でどのブラウザが一番シェアを占めているかというとGoogleクロムなんです。実に37.56%の人がGoogleクロムを使っているそうです。数年前はほとんどの人がInternet Explorerを使っていたイメージですが、現在は23.9%と大きく引き離されているようです。

これだけシェアを占めているGoogleクロムで「Not Secure(保護されていません)」と表示されてしまうと、少なからず順位に影響が出てしまうのは間違いないかと思います。

Googleのランキングシグナルとしては微々たる影響だったとしても、「Not Secure(保護されていません)」と表示されることによって、あまりパソコンに詳しくない人たちはこの表示を目の当たりにして心配になってサイトから逃げていってしまう可能性があります。

すると結果的にページの評価が落ちて順位も落ちてしまいますから、まだhttps化に取り組んでいなかった人たちもいよいよ取り組んだほうがいいかなという段階に来ました。Googleがついに本気を出してきた感じがしますね。

3.https化によるメリット SEOにも効果あり

3-1.検索順位が優遇されるし、間接的にSEO効果も上がる

さきほども少し触れましたが、間接的にSEO効果が上がることは期待できると思います。「保護された通信です」と表示されているページと、「保護されていません」と表示されているページであれば、安心感が違いますので読者さんの行動パターンも変わるはずです。

ページ滞在時間が伸び、離脱率もよくなることで、相対的にSEO効果がでるというのは十分考えられますね。

3-2.ページの表示速度が速くなることが期待できる

もう1つのメリットは通信速度です。https化するだけで通信速度が上がります。ここではあんまり専門的なことは書きませんが、ちょっとだけ触れると、「http/2(エイチティーティーピーツー)」という次世代プロトコルがあって、高速通信ができるものなのですが、https化するとこの高速通信が使えるようになるんです。

下記のサイトでhttpとhttpsのスピードの違いが体感できるので、興味がある方はぜひ一度チェックしてみてください。

HTTP vs HTTPS Test

この高速通信の恩恵を受けられるだけでも、https化しておく価値は十分ありますよね。

4.まとめ

以上のように、これだけSEO効果を期待できるものなので、https化はぜひやっておきたいところです。

ただ、実際にやろうとするといろいろと注意点もあるので、よく調べてからやるようにしてください。別記事でhttps化の注意点についてもアップしたいと思います。

Googleがhttps化を本気で取り組み始めてきたといっていいとおもいますので、これをきっかけに切り替えをしていきましょう。私のクライアントさんのブログは順次こちらでやっていきますのでご心配なく。


p.s.

現在8005人の方が購読している松崎の無料メルマガでは、ブログで年収1000万円を達成するための考え方やノウハウを公開しております。

無料メルマガにご登録いただくと、いまなら参加費10,000円で開催した有料セミナー動画の完全版を無料でご覧いただけます。

もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。
無料登録はこちらから↓
【無料メルマガ】21日間届くブログ集客入門講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です