読了率とは?Googleアナリティクスでの計測方法「wp scroll depth」

The following two tabs change content below.

松崎茂利

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
プライベートコンサルティングの詳細はこちら

ブログをやっている人ならだれもが気になると思いますが、自分の書いた記事を、読者さんがどのくらい最後のほうまで読んでくれているのか知りたいところですよね。

後ほど詳しくご説明しますが、これを“読了率”というのですが、ワードプレスだと「wp scroll depth」という無料のプラグインを使えば簡単に計測することができます。

読者さんがどのくらい読んでくれたのかを知ることができれば、記事の改善の目安にもできますし、読者さんとの距離感をはかる指標にもなりますのでぜひチェックしておきたいところです。

この記事では、読了率とはなにか?というところから、「wp scroll depth」の設定方法、Googleアナリティクスでの閲覧方法まで詳しく解説したいと思います。

読了率

読了率とは?

松崎茂利こんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎です。

読者さんがブログ記事を読んでくれてどれだけ満足してくれたのかは、直接感想を聞かないとはっきりと把握することはむずかしいですが、アクセス解析をチェックすることで、100%とまではいかなくとも、読者さんの満足度をいくつかの数値で読み解くことは可能です。そのうちの一つが“読了率”です。

読了率とは、閲覧者がページの先頭から全体のどのあたりまで見てくれたのかを示す数値で、ツールを使うと簡単に計測することが可能です。

下記の図のように、記事の先頭から25%、50%、75%、100%で区切って、それぞれそこまで到達した人の人数を把握することができます。

読了率

読了率をチェックして記事を改善しよう

設定方法に関してはのちほどご説明しますが、読了率をチェックしてどのようにブログ運営に活かしていけばいいのかを先にお話ししたいと思います。

記事のどの辺りで離脱しているのかを把握する

読者さんが記事のどのあたりで離脱しているかがわかると、記事を改善する手助けになります。

25%の段階で離脱する人が一番多い場合、先頭から25%あたりまでを読者目線で読み返してみてください。その範囲内にリンクが設置してあるとすると、そこから移動してしまっている可能性もありますね。

そこで一緒にチェックしてほしいのが“直帰率”です。“直帰”というのは、1人の読者さんがあるページに訪れて、ほかのページを1ページも閲覧せずに帰ってしまった場合を指します。サイト内の記事をもう1ページだけでも見てくれたら直帰とは言わなくなります。

なので、読了率が25%の人が多かったとしても直帰率が低ければいいのです。

問題は読了率が25%の人が一番多くて、直帰率も非常に高い場合です。これは記事を読んだ読者さんの多くが、先頭から25%の段階でブログから離脱して帰ってしまったことを指します。

これはどういうことかというと、検索してきた人たちがこの記事には答えがないと判断したか、逆に25%の段階で答えを得ることができて満足して帰ってしまったかのどちらかです。これは想定する検索キーワードと記事本文の内容を照らし合わせればわかると思います。

もし読者さんに「この記事には答えがない」と判断されているのであれば、想定する検索キーワードをもう一度深く考えて、どんな情報を載せれば読者さんが満足するのかを再検討する必要があります。そして記事の内容自体を抜本的に大きく変える必要も出てくるかもしれません。

また、あきらかに明確な答えを提示しているのでしたら、答えをもう少し記事の下のほうに移動するとか、ほかの関連した記事へうまく誘導するなどして、読了率や直帰率を改善する工夫をしましょう。

仮説を立て、いろいろ検証してみる

記事の改善は、仮説を立て、検証を繰り返すことが重要です。一発で数値を改善しようとせずにいろいろと試してみるといいです。

「このキーワードで検索してきた人には、もっとこういった内容を伝えたほうがいいんじゃないか?」

「記事タイトルのニュアンスをこう変えてみたらどうか?」

「このあたりに内部リンクを入れてみたらどうだろうか?」

このようにいろいろ試していきながら、過去の数値と見比べて少しでも良くなっているかどうかをチェックするといいですね。

SNSを通して読者さんとのエンゲージメントを高める

読了率を高めるためにもう一つ意識してほしいのがSNSです。ブログだけでももちろん読者さんとのエンゲージメントを強めることはできるのですが、SNSを活用することでさらに加速させることができます。

エンゲージメントとは、簡単にいうと“読者さんとのつながりの強さ”といったところでしょうか。読者さんとの関係が深ければ深いほど、記事も熱心に読んでくれるものです。

まったく知らない初めて見る人の記事と、SNSで“人となり”を知っていたり、コメントなどのやり取りをしているような人の記事となら、どちらを熱心に読むか考えればわかりますよね。

FacebookやTwitterは読者さんとのエンゲージメントを高める最高のツールです。ぜひ活用して熱心に記事を読んでくれる読者さんを増やしていきましょう。

読了率の計測方法 「wp scroll depth」の使い方

では具体的にワードプレスで読了率を計測できるようにするための設定方法をご説明します。

といっても難しい作業は一切ありません。「wp scroll depth」というプラグインをインストールして、設定を1か所変更するだけです。

プラグインのインストールの方法に関しては、簡単に書いておきますね。

ワードプレスの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」を開いて、「wp scroll depth」を検索。そして「今すぐインストール」をクリックして「有効化」をクリックします。

そして1か所だけ設定を変えます。「設定」⇒「Scroll Depth」を開きます。

そのなかの「nonInteraction」という項目が「false」になっていたら「true」に変更しておいてください。最後に「変更を保存」をクリックします。

読了率

設定はこれだけです。あとはGoogleアナリティクスでデータをチェックするだけ。簡単ですよね。

Googleアナリティクスで読了率をチェックするには?

では、Googleアナリティクスで実際に読了率をチェックしてみましょう。設定してすぐだとまだデータがたまっていないので、数時間たってからチェックするといいですね。

Googleアナリティクスの画面を開いていただいて、「行動」⇒「イベント」⇒「概要」⇒「Scroll Depth」をクリックします。

読了率

次に「イベントラベル」をクリックします。するとその下に「25%」「50%」「75%」「100%」と表示され、それぞれのブログ全体のデータを確認することができます。

読了率

ページごとの読了率をチェックしたい場合は、「セカンダリディメンション」をクリックして、検索枠に「ページ」と入力し、下に表示された「ページ」をクリックしてください。

読了率

するとページ単位での読了率をチェックすることができます。上のほうの「ページ」という項目名をクリックすると、並べ替えもできますので閲覧しやすいように調整してください。

読了率

まとめ

ワードプレスでブログを運営している場合は「wp scroll depth」を使うと簡単に読了率を測定できることがわかりましたね。

読了率は読者さんの満足度を想像できる指標の一つです。ブログをよりよいものにするためにぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
プライベートコンサルティングの詳細はこちら