ブログ記事タイトルの決め方【実証済みの7つの秘訣を公開します】

The following two tabs change content below.
アバター

松崎茂利

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
プライベートコンサルティングの詳細はこちら

「ブログ運営の成功の秘訣は記事タイトルにあり」といってもいいくらい、記事タイトルの決め方は非常に重要なポイントになります。はっきりいってこのポイントをおさえずしてブログ運営の成功はありえません。

この記事では私が今まで約9年間ブログを運営してきた中で、実際にためしてみて効果があった方法をできるだけわかりやすくお話ししたいと思います。一般的によく知られている基礎知識から、体験上学んだ応用部分までお話ししますので、参考にしていただけたら幸いです。

記事タイトルの決め方

1.SEO効果を高めるためのブログ記事タイトルの決め方7選

1-1.【最重要】ターゲットキーワードを入れる

まつざき
こんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎(@s_matuzaki)です。

ブログ記事タイトルを決める際の最も重要なことは、検索上位を目指したいキーワードを記事タイトルに必ず入れるということです。記事タイトルに入っていないキーワードで検索上位を取るのは至難の業です。ターゲットキーワード(検索上位を狙うキーワード)を記事タイトルでもそのまま使うようにしましょう。

たとえば「ブログ 記事タイトル 決め方」で上位を狙いたいと考えた場合、「ブログ記事タイトルの作り方」のように若干アレンジする人がいるのですが、これはおすすめしません。「ブログ 記事タイトル 決め方」で上位を狙うなら「ブログ記事タイトルの決め方」のようにキーワードをそのまま使うようにしましょう。

「ブログ記事タイトルの決め方」だけだとちょっとシンプル過ぎて興味をひくことはできません。興味を最大限引くためのテクニックについてもこの後お話ししていきますね。

ちなみに、ターゲットキーワードの選定方法については下記の記事で解説していますのでご確認ください。

ブログ アクセスアップ

【初心者必見】ブログのアクセスアップに必要な知識を全部教えます。

1-2.検索ニーズにマッチした記事タイトルにする

ブログにアクセスを集めるためにはGoogleの検索上位に行く必要があります。ということは、いかに検索ユーザーにとって有益な記事を書けるかが大事なのですが、検索ユーザーが検索結果を見たときに「あ!この記事はまさに今私が知りたいことが書かれていそうだな!」と感じなければクリックしてもらうことはできないわけです。

なので、記事タイトルを決める際は検索ユーザー目線に立って考える必要があるのです。

ブログ初心者さんがやってしまいがちなミスは、奇をてらいすぎてしまうこと。「他の人と違うことを書かなきゃ!」と考えすぎるあまり、検索ユーザーが知りたいと思っていることがちょっとずれた記事タイトルを考えてしまうことがあるんです。

たとえば、先ほどの例でいうと、「ブログ 記事タイトル 決め方」というキーワードで記事タイトルを考える際に、「ブログの記事タイトルの決め方よりももっと大事なこと」というようなタイトルはNGということなんです。

「ブログ 記事タイトル 決め方」で検索している人は、ブログの記事タイトルの決め方を知りたいんです。なのに「ブログの記事タイトルの決め方よりももっと大事なこと」というタイトルでは「自分の知りたい答えはなさそうだな」と思わせてしまうのです。これだといくらターゲットキーワードが記事タイトルに入っていても、検索ニーズに合っていないことになるのでなかなか検索上位を取れないという事態に陥ってしまうのです。

記事タイトルを決める際に大事なのは、検索ユーザーに「この記事に答えがあるよ」と伝えてあげることです。奇をてらい過ぎないように気をつけましょう。

1-3.記事タイトルは30文字以内にキーワードを収める

記事タイトルはあまり長すぎるのはよくありません。こちらの画像をご覧ください。

これはちょうどいまご覧いただいている記事のGoogleでの検索結果です。赤枠の部分が記事タイトルになるのですが、文字数を数えていただくとわかるように35文字です。ちなみにこれ以上長くなると省略されてしまいます。

しかも、ここには「|ブロまね」とブログ名も表示されているので、記事タイトル部分だけでいうと30文字ということになります。私のこのブログの場合はたまたまブログ名が4文字なので、ブログ名までしっかり表示させたければ記事タイトルは30文字くらいに抑えておかないといけないということになります。

ブログ名までしっかり表示させたいかどうかはサイト運営者の意向次第ということにはなるのですが、私の考えとしてはブログ名を覚えてもらうことも大事だと思っているので、なるべく検索結果にも表示されるように意識しています。

ということで、結果的に記事タイトル部分は30文字以内に抑えるということになるわけです。ですから、あなたのブログのブログ名によっては記事タイトルの文字数を変化をさせる必要がでてくるといことです。

1-4.記事タイトルに含める関連キーワードは4個以内にする

「せっかく検索してもらえるならあれもこれもキーワードをいれておきたい!」なんて考えてしまいがちですが、あまりにもたくさんのキーワードを入れてしまうと逆効果になるのでお気を付けください。

検索上位を狙うキーワードを3~4個以内にしぼり、それを自然な文章になるようにタイトルをつくることをおすすめします。

ちなみに今ご覧いただいているこの記事では「ブログ 記事タイトル 決め方」の3つを想定しています。みなさんがこの記事をご覧になっている時点で順位が落ちていなければ、「ブログ 記事タイトル 決め方」で検索すると上位に表示されるはずです。

検索エンジンからのアクセスを集めたいなら、そもそも検索需要があるキーワードかどうかを事前にリサーチする必要がありますが、リサーチ方法は下記の記事で解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

ブログ アクセスアップ

【初心者必見】ブログのアクセスアップに必要な知識を全部教えます。

1-5.キーワードの出現回数は2回までにする

1つの記事に対してターゲットキーワードは4つあってもいいのですが、同じキーワードを記事タイトルで重複して使うのはあまりよくありません。

たとえば、「記事タイトル」と「アクセスアップ」の2個をターゲットキーワードにするとします。そこでこの2つのキーワードをたくさん詰め込んじゃえ!と考えて次のようなタイトルを考えました。

記事タイトルのダメな例
記事タイトルでアクセスアップ!こんな記事タイトルはだめ!記事タイトルに気をつけよう!」

これだとキーワードが3回以上重複していることになってしまいます。

記事タイトル」というワードでどうしても検索上位に持っていきたい!という気持ちはわかるのですが、これをやってしまうとキーワードの過剰な詰込みとみなされてGoogleから低評価をうけてしまう可能性があります。

昔はキーワードを詰め込めば検索上位に行ける時代もありましたが、今のGoogleは大きな進化を遂げていてそういう小細工は一切通用しません。

Googleは“自然さ”を好みます。ブラックなSEO対策はせず、ホワイトはSEOとコンテンツの質で勝負をしてGoogleのアルゴリズムアップデートに左右されない強力なブログづくりを心掛けましょう。

1-6.ブログ内で重複した記事タイトルをつけないようにする

ブログ内に重複した記事タイトルが複数ある状態は推奨されていません。それぞれのページが固有の記事タイトルになるように調整する必要があります。

基本的には同一キーワードで何記事も書くということをせず、1つのキーワードに対して1つの記事を用意するようにしましょう。

1-7.競合サイトの記事タイトルと同じにならないようにする

Googleの検索結果で競合サイトの記事タイトルもチェックするようにしましょう。すでに公開されている記事タイトルとまったく同じではコピーコンテンツとみなされる可能性があります。

たいていはすでに似たような記事タイトルが公開されているものです。まったく違った切り口を考えすぎる必要はありませんが、できるかぎりかぶらないように工夫しましょう。

2.興味を最大限に引き付けるブログ記事タイトル4つのコツ

2-1.記事タイトルに数字を入れると興味をひきつける

これもコピーライティングの王道なのですが、数字を入れると興味をひきつけることができます。

この記事のタイトルをもう一度見てみましょう。

ブログ記事タイトルの決め方【実証済みの7つの秘訣を公開します】

「7つ」という数字が入っていますよね。「7つの秘訣って何だろう?」と気になりませんか?

数字がないバージョンと比較するとよくわかると思います。

ブログ記事タイトルの決め方【実証済みの秘訣を公開します】

どうですか?まぁこれでも十分伝わるのですが、数字が入っていたほうが好奇心をくすぐられますよね。コピーライティングってベタだ思う手法も効果があるものです。意識的に数字を入れて興味をひきつけましょう。

2-2.体験談が書かれていることを伝えると興味をひきつける

人は体験談やストーリーにひきつけられます。実際にその人が体験したことだったら信憑性が高いし、参考にしたいと思うわけです。

この記事のタイトルの後半部にもあえてその要素を取り入れてあります。

ブログ記事タイトルの決め方【実証済みの5つの秘訣を公開します】

「実証済み」というワードが体験談であることを表現していますね。これも信頼性を高めるパワーワードとなります。

2-3.クリックしたくなる魔法のワード4つ

最後にクリックしたくなる魔法のワードを4つだけご紹介しておきましょう。これらはコピーライティングの世界では基礎中の基礎なので知っている人も多いかもしれませんが、効果は間違いなくありますのでぜひご活用ください。

クリックしたくなる魔法のワード4つ

「~する方法」

「~の秘訣」

「~へのアドバイス」

「~の理由」

これらのワードは私もよく活用しているのですが、ベタと思うかもしれませんがクリック率は上がるんですよね。

ちなみに今ご覧いただいている記事のタイトルにも活用しています。「実証済みの7つの秘訣を公開します」という部分ですね。「秘訣」っていう言葉は人間の心理としてどうしても見たくなっちゃうんですよね。見ないと損するかもという心理になるんです。

このあたりのコピーライティングのスキルを高めたいという方はこちらの本がおすすめです。

私はこの本を何回も読み返してコピーライティングの基礎を頭に叩き込みました。

2-4.最新情報が書かれていることをアピールする

検索結果は特に最新情報が好まれます。たとえば「ブログ 記事タイトル」というキーワードで検索している人も、最新のSEO事情を知りたいと思うでしょう。5年も10年も前の情報だけでは古くて使い物にならないですからね。

最新情報が書かれていることをアピールするには、記事タイトルの先頭に【2020年】という感じで西暦を表記するのもおすすめです。また、ストレートに【最新版】のように記載してもいいですね。

3.まとめ

ブログのアクセスアップに記事タイトルの知識は欠かせませんが、ここまでお話しした内容でほぼすべてカバーすることができます。この記事で解説した内容さえしっかり理解して記事タイトルを決めていただければ大きな失敗をすることはないでしょう。あなたのブログ運営に活かしていただくことができればなによりです。


ブログで稼ぐコツを21日間無料でお届けします
ブログ収益化無料メルマガ

いまなら以前に参加費1万円で開催した「ブログ集客売上倍増セミナー」の完全版動画をプレゼントさせていただきます。


1 個のコメント

  • 文字のタイトル32文字とキーワード重要なのが2?3個なっとく。

    年収1000万だとカジノのトップクラスだとそれぐらい稼げる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    アバター
    アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
    たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
    個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
    現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
    プライベートコンサルティングの詳細はこちら