【完全版】Googleアドセンスの審査に通らない場合のチェックリスト

The following two tabs change content below.
アバター

松崎茂利

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
プライベートコンサルティングの詳細はこちら

 

Googleアドセンスの審査に通らなくて困っている人へ。1度や2度落ちたくらいで諦めないでください。何度落ちようが正しくブログを修正していけばいずれ必ず合格します。

ただもちろん無意識にアドセンスのポリシーに違反していたりすることも多いので、必ず正しい知識を身につけてブログを改善していく必要があります。

ということで、Googleアドセンスの審査に通るためのチェックポイントをすべてこの記事にまとめました。7000文字近くのロングな記事になってしまいましたが、審査に関するすべてをここにまとめてありますので、ぜひじっくりご覧いただいてあなたのブログもアドセンスの審査に合格させちゃってください。

ちなみに私自身はいくつものブログを審査に通してきましたし、コンサルを通してお客様のブログもたくさん審査に通してきました。ざっと100サイト以上は審査に通してきたと思います。なのでぜひ安心してこの記事を読み進めていただければと思います。

アドセンス 審査

1.AdSense の利用条件を満たしているか確認しよう

まつざき
こんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎(@s_matuzaki)です。

Googleアドセンスでは「お申し込み時の条件」というページを用意してくれていて、このページを熟読すればどういったところを気をつければいいかがだいたいわかります。まずはこのページをしっかりと理解するところからはじめましょう。

サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

このページの内容をかみ砕いてわかりやすく解説していきますね。ポイントは次の3つです。

  1. 他にはない魅力があるか
  2. 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  3. ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

これらを満たしているかどうかが最低条件だと思ってください。数年前まではこの3つのポイントを満たしていないような質の低いブログでも簡単に審査に通っていたのですが、最近は厳しくなっていますのでまずはこの3つをしっかり理解しておきましょう。

1-1.他にはない魅力があるか

ここでいう「他にはない魅力」は何を指しているかというと、簡単に言ってしまえば「独自のオリジナルコンテンツがあるかどうか?」ということです。そして、これを実現するために必要な3つのポイントをGoogleが教えてくれています。それがこちら。

サイトのユーザー体験を改善する3つのステップ

この記事は英語なのですが、ポイントをお伝えすると…

  1. サイトのパフォーマンスを測定しよう
  2. 最適なユーザー体験を提供できるようなデザインにしよう
  3. モバイルでの閲覧を考慮しよう

この3つが大事ですよということです。

どれもサイト運営においては基本中の基本なのですが、まずはサーチコンソールを使ってブログのパフォーマンスを必ずチェックすることが大事です。

サーチコンソールでは「サイトが表示される頻度」、「平均掲載順位」、「クリック率」などを簡単に確認することができ、Googleからの評価を確認する場所として最適です。これらの数値がよくなっているのか、それとも悪くなっているのかをチェックして、現在のブログ運営の方向を決める手助けにしましょう。サーチコンソールのくわしい使い方については別記事で解説しますが、少なくとも「サイトが表示される頻度」、「平均掲載順位」、「クリック率」あたりは定期的にチェックするようにしましょう。

このあたりの数値がどんどん悪い方向に向かっているようなブログではGoogleアドセンスの審査も通らない可能性が高いということになります。

このページにはページスピードに関しても記載されています。特にモバイルで閲覧した際にスピードが遅いと審査にも不利になると考えられますので、ページスピードインサイトなどを活用してスピードを測定し、改善することも求められます。この辺の詳細に関しても別記事にしますね。ちなみに私のクライアントさんのブログに関しては僕のほうでしっかりと対策していますのでご安心ください。

モバイルフレンドリーテストもやっておきましょう。モバイルユーザーに優しいブログデザインになっているかはとても重要な要素です。

デザインに関してはあまり難しいことを考えずに信頼のおけるワードプレステーマを使っちゃったほうがいいと思います。たとえば、今閲覧していただいているこちらのブログで使っているテーマはオープンケージさんのstork19なのですが、これはページスピードにも力を入れた設計をされていて、ブログデザインとしても申し分ない作りこみをされていますのでかなりおすすめです。私のこのブログの場合は、テーマをこれに変えただけでページスピードが少し改善されました。

Point!
サーチコンソールを使ってブログのパフォーマンスを常に改善し、快適なページ表示速度を維持し、閲覧しやすくてモバイルも考慮したデザインにすることで「他にはない魅力」を高めることができます。

1-2.操作が簡単でわかりやすくなっているか

ナビゲーションバーも審査に出す前に必ず整えておきましょう。ナビゲーションバーとは、このブログでいうこの部分です。グローバルメニューとかグローバルナビなんて呼ばれることもあります。

画像

ブログに訪れたユーザーさんがブログ内のどこを見ればいいか、どんな情報があるかがすぐにわかるようにナビゲーションメニューにはメインとなるページへのリンクを設置したり、カテゴリーページへのリンクを貼ることをおすすめします。

ナビゲーションメニューが整っていないまま審査に出すのは減点対象になりかねません。ある程度の記事数を用意して、ナビゲーションもしっかり充実させてから審査に出すようにしましょう。

1-3.ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

最後に「ユーザーの興味を引く独自コンテンツがあるかどうか」についてお話しします。これはさきほどお話しした「他にはない魅力があるか」にも通じる内容なのですが、Googleアドセンスの審査では「あなた独自のコンテンツかどうか」がけっこう厳しく問われることになります。

たとえば、他サイトから文章を切り貼りしてつなぎ合わせただけの記事は独自コンテンツとは呼びませんね。数年前までは適当に切り貼りしてちょこっとリライトした記事でも審査に通っていたこともあるのですが、いまはそうはいきません。

では、ユーザーの興味を引く独自コンテンツってどんなものを指すのでしょうか?いくつか具体例を挙げてみたいと思います。

1-3-1.専門家としての知識を記事にする

もしあなたが何かの専門家なら話は早いです。専門家としての意見や体験をそのまま記事にすればOKです。それだけで独自コンテンツになります。

しかし、誰もが何かの専門家というわけじゃないですよね。「私には特別な専門知識はないです。」という人もいるでしょう。そういう人の場合はどうすればいいかというと、勉強しながら専門性を高めていく過程をそのまま発信すればいいんです。

たとえば、あなたの趣味がゴルフであれば、ゴルフの練習法を実際に試しながら、その体験や成長過程を記事にしていく。

Googleは専門家だけの意見を求めているわけではありません。体験者の声も重要なものとして考えています。自分も成長しながらその過程を発信しつつ、専門知識をどんどん深めていけばいいということです。

1-3-2.悩みを改善する方法を伝える

何かを改善する方法もコンテンツになります。自分自身が過去に悩んでいて今は改善できたことって一つや二つはあると思うんです。たとえばアレルギー体質が治った経験とか、人見知りを改善したとか、探せば何かしらあるものです。

これを自分の体験談をもとにして情報発信してあげるとそれが独自コンテンツとなります。自分自身がまったく経験したことのない悩みを取り上げてしまうと独自コンテンツにするのはむずかしいので、体験したことを取り上げるようにしましょう。

1-3-3.口コミ情報を記事にする

口コミ情報も独自コンテンツです。レストランの感想を書くブログとかもいいですし、家電の口コミブログとかもいいですね。何かのジャンルに特化して口コミを書き続けていくことでオリジナルのコンテンツとなります。この場合も自分の得意なジャンル、好きなジャンルを選ぶようにしたほうがいいですね。

1-3-4.わかりやすさを徹底的に追及する

わかりやすさを徹底的に追及するだけでも独自コンテンツとなっていきます。内容は他サイトと同じような記事でも、図解や動画をふんだんに入れて解説記事をつくることで他サイトとの差別化をはかることができます。

1-3-5.速報性を高める

ここ最近であればコロナ関連の速報記事などは注目度がかなり高まってアクセスを集めていたようです。また、台風や地震などの速報もいいですね。ただ、速報性を求めるということはブログにつきっきりになる必要がありますので、副業レベルで取り組んでいる人には難しいかもしれません。

まとめておきましょう。

ユーザーの興味を引く独自のコンテンツの具体例
  1. 専門家としての知識を記事にする
  2. 悩みを改善する方法を伝える
  3. 口コミ情報を記事にする
  4. わかりやすさを徹底的に追及する
  5. 速報性を高める

正直なところ、ユーザーの興味を引く独自コンテンツになっているかどうかはブログ運営者本人が客観的に判断するのは難しかったりするので、一番いいのは家族や知人にあなたのブログを見てもらって率直なフィードバックをもらうことです。

その第三者の答えが「なんか…どこにでもあるようなブログだよね…」だったらアドセンスの審査に通る可能性も低いと思ったほうがいいでしょう。その場合は上記の5点をしっかり見つめなおしてブログ記事を改善していってください。

2.コンテンツに問題があって審査に通らないパターン

アドセンスの利用条件に関して確認できたら、次はコンテンツに問題がないかチェックしてみましょう。これに関してもアドセンスのほうで下記のような解説記事を用意してくれています。

サイトのコンテンツの問題を解決する方法

2-1.コンテンツの量が不十分

コンテンツの量が不十分というパターンで審査に落とされることはけっこう多いです。これは1記事辺りの文字量があまりにも少なすぎて「質の低い記事」とみなされることもあれば、そもそもブログ内の記事数自体が少なすぎるために「サイトが作成中」とみなされて審査に落ちてしまうという2パターンが考えられます。

サイトのコンテンツの問題を解決する方法には次のように記載されています。

ページで十分なテキストを使用していることをご確認ください。画像や動画、Flash アニメーションが大半を占めるサイトは、承認されない可能性があります。

ポイントは1記事の中に十分なテキスト量(文字数)があるかどうかです。たとえば、2~3行しか書いていないような日記ブログではまず審査に通ることはありません。読者さんの役に立つコンテンツと呼べる内容になっているかどうかを常に意識するようにしましょう。

具体的にどのくらいの文字数が必要かについてはこちらの記事も参考になるかと思います。

【2020】ブログアクセスアップに最適な文字数を初心者向けに解説します

くわしくは上記の記事を読んでいただきたいのですが、目安だけお伝えしてしまうと1記事につき最低1000文字以上と覚えておくといいと思います。1000文字以下ではそもそも検索上位に行きにくくなる傾向がありますし、アドセンスの審査でもマイナス印象になることは間違いありませんのでお気を付けください。

ブログ内の記事数についてもたびたび話題に上がるのですが、これは特に決まりがあるわけではありません。あくまでも「サイトが作成中」とみなされないようにブログをつくりこむ必要があるということです。

中には7記事位で審査に通ったという人も最近の話でありますし、要はサイトとして成り立つように重要な記事を数記事用意してしまえば審査に出してもいいのです。

ネット上の情報では、20~30記事以上用意しなければだめと言っている人もいるのですが、決してだめなわけではなく、そのくらい作りこんでから審査に出してもいいんじゃないかというのが正しいところでしょうね。

そもそもブログ内に10記事もない状態ではPVもほとんどないと思います。そんなブログに広告を掲載しても1日数十円発生するかどうかですから、正直焦って広告を貼る必要もないのです。

1記事辺りのボリュームをしっかりとつくりこみ、質の高い記事を用意して、客観的にブログを見たときに「サイトの作成中という印象はなくなったな」と感じたら審査に出してみるといいでしょう。焦ってもなにもいいことはありません。むしろその焦りがブログの質を落としかねません。

2-2.コンテンツポリシー違反5つのチェックポイント

コンテンツポリシー違反についても触れておかないといけませんね。そもそもGoogleのポリシーに違反している内容が書かれていたら審査には絶対に通りません。なので、ここもしっかり把握していただいて、ご自身のブログで違反していないかをチェックしてみてください。

この記事ではよくやりがちな違反を重点的にご紹介したいと思います。

まずチェックしていただきたいのはこちらのページです。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

2-2-1.知的財産権の侵害

著作権の侵害にあたる記事は当然NGです。

知らずにやってしまうパターンとして多いのが、アーティストの楽曲の歌詞を自分のブログに勝手に掲載してしまうこと。歌詞にも著作権がありますのでお気を付けくださいね。

あとは他人の撮影した写真もですね。たまたま検索してヒットした写真を自分のブログに使ったら、他人の著作物だったということもあります。画像や歌詞などは十分お気を付けくださいね。

画像を入れずに審査に出したほうがいいの?

ネット上の情報を見ていると「画像を入れないほうが審査に通りやすい」と言っている人もいるのですが、決してそんなことはありません。むしろ、画像を入れるべきところに入れていなかったり、意図的に画像を削除した状態だと「作成途中のサイト」とみなされる可能性があるので、入れるべき画像は入れた状態で審査に出すようにしましょう。

2-2-2.危険または中傷的なコンテンツ

人種や宗教関連の記事も要注意です。差別や誹謗中傷するような内容の記事があれば審査に通ることはないでしょう。ニュースに関連した記事を書き、なにげなく人種や宗教について書いたらNGコンテンツになってしまったということもありますので、アドセンスを導入するなら避けたほうがいい話題です。

「死にたい…」みたいな内容も違反に当たる可能性があります。自殺を助長する可能性もありますので書かないようにしましょう。

2-2-3.露骨なアダルトコンテンツ

アダルトに関連する記事がある場合は基本的に審査に通りません。アダルト関連のブログで収益化したい人はアドセンスをあきらめてほかの仕組みを使うしかないですね。

自分は性的なものじゃないと思っていてもGoogleからアダルトコンテンツとみなされるパターンがあることも知っておいてください。

たとえば、水泳の記事を書いている人の例ですと、水着の写真がアダルトコンテンツとみなされた事例が実際にあります。その際は写真を差し替えたら違反がとけたのですが、水着の写真でも違反となることはあるので十分に注意しないといけません。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツというページもあって、ここでは広告の供給が少なくなる、もしくはまったく広告が表示されなくなる可能性があるコンテンツについて解説されています。

こちらにもNGの例として性的なコンテンツが記載されています。さきほどもお話ししたように、性的なものを暗示するような写真とかでもだめで、性的なフェチに関する話題もだめ、成人向けおもちゃもだめです。また、不倫や浮気を促す内容もだめです。性行為のテクニックや性欲増強剤などの話題も全部だめ…。まぁとにかくアダルト向けの内容はやめてねということですね。

2-2-4.たばこやアルコール関連

たばこや葉巻、電子タバコの販売を促進するコンテンツもNGです。同じようにアルコールもオンライン販売を促進するようなコンテンツはNGとなります。

2-2-5.血液や暴力

衝撃的なコンテンツとして、血液や血のりが写っている写真を掲載したり、暴力シーンなどの写真や動画もNGです。

ポリシー違反に関しておさえておきたいところはこのあたりでしょうかね。これに該当するような記事を掲載している場合は審査に通らないのでお気を付けくださいね。

他にも細かいところをチェックしておきたい人はGoogle サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツを読んでおいてください。

3.まとめ

ちょっと長めの内容になってしまいましたが、Googleアドセンスの審査に通らない場合はこの記事に書かれている内容とリンク先のGoogleのページをチェックすれば必ず原因が見つかります。

まずは自分のブログがアドセンスの利用条件を満たしているかをチェックすること。次にコンテンツの内容に問題がないかをチェックするという流れですね。

私がとても大事だと思っているのが「家族や知人にあなたのブログを見てもらって率直なフィードバックをもらうこと」です。読者さんの興味を引く独自のコンテンツになっているかどうかをぜひ第3者に評価してもらってください。

チェックすべきGoogleのページをまとめておきます。

サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

サイトのコンテンツの問題を解決する方法

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツ

それから、この記事の中では触れませんでしたが、ブログ運営の基本中の基本として下記の2つのページも熟読しておくことをおすすめします。

ウェブマスター向けガイドライン

アフィリエイト プログラム

この記事を参考にブログを修正したけどどうしてもアドセンスの審査に通らないという人は、可能な限りアドバイスをさせていただきますのでお問い合わせよりご連絡くださいね。


ブログで稼ぐコツを21日間無料でお届けします
ブログ収益化無料メルマガ

いまなら以前に参加費1万円で開催した「ブログ集客売上倍増セミナー」の完全版動画をプレゼントさせていただきます。


17 件のコメント

  • こんにちは。

    まだ審査が甘い時代にアドセンスを始めたのですが、
    いつの間にか審査が厳しくなっていたのですね。

    プロフィールページ、お問い合わせフォームなど、
    時代に沿った対応が必要なのだと知りました。

    これからアドセンスを始める方には
    非常に有用な記事だと思います。

  • こんばんわ。

    私はもう6回くらい審査に落ちています。 いろいろと直したのですが、もう正直どこがいけないのかわからなく途方に暮れています。 

    ブログURLを送れば見ていただけるとのことでしたが、こんな初見の者ですがいいんでしょうか?

    • TOMOKOさん
      確実な理由をお伝えすることはできないかもしれませんが、私のほうで感じたことはアドバイスさせていただきます。
      ぜひ送ってみてください。

        • TOMOKOさん
          ちなみにGoogleアドセンスからのメールにはどんな理由が書かれていましたか?

          • 返信ありがとうございます。 アドセンスからのメールにはプログラムポリシーに準拠していないサイトかウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないサイトという理由でした。 毎回この理由なので何度も改良したのですが全然ダメでした…

          • TOMOKOさん
            これは個人的な意見なのですが、映画のあらすじと感想というのは質の高いコンテンツなのかどうかがちょっと疑問ですね。
            「夫婦で見たい映画10選♡」や「オススメ♡映画音楽(サントラ)10選!」などはコンテンツという印象が強いです。ブログの主旨自体を少し方向転換したほうがいいかもしれませんね。

  • こんにちは。
    アドセンスの審査に出しても出しても通りません。
    ネットなどを見て様々な対策はしているつもりなのですが…
    どうすればいいのかわからず、悩んでいます。
    もしよろしければ、見ていただけないでしょうか?
    本当に悩んでいます。よろしくお願い致します。

  • こんにちは。
    私もアドセンスに5回不承認でした。
    色々調べてはいますが、理由がよく分かりません。
    お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスをいただければと思います。
    よろしくお願いいたします。

    • bersyanさん
      メールもいただいていますので、そちらで返信をさせていただきますね。

  • こんにちは。
    何度もアドセンスの審査に落ちています。
    落ちるたびに修正をしてはいるのですが、落ちた理由が毎回Googleポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン~という理由が帰ってきます。自分ではどこがダメなのか、何が足りないのかがわかりません。
    お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスの程をよろしくお願いいたします。

    • ごんさん
      ブログを拝見しましたが、「雑記ブログ」という見せ方はしないほうがいいと思います。
      質の高いコンテンツを提供しているサイトかどうかが重要です。誰に対してどんな情報を提供するのかをしっかりと決めたほうがいいですね。
      そしてそれが伝わるようなブログ名や説明文、記事構成を考えてみてください。

  • こんばんは。アドセンス審査に5回落ちています。
    松崎さんの記事を参考に、文字数を増やしプライバシーポリシーやプロフィールページを作ったのですが、今回もやはりGoogleポリシーに準拠していないという理由でダメでした。

    「アドセンスは日記でいける」と随分前の情報を信じ、
    文字数が1000 前後の日記が割と多くあるのですが、
    逆にこちらを見せないようにした方がアドセンス審査に通るのでしょうか。

    お手すきの時、何かお気付きのことをアドバイスいただけるとありがたいです。
    何卒よろしくお願いいたします。

  • 審査にたくさん落ちてなにがなんだかよくわからない状態になっています。ご教授いただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

  • 拝啓
    メールアドレスが書き込む欄でメールが書き込み出来ません。
    21日間の無料メール講座に申し込みが出来ません。
    是非見たいので、宜しくお願い致します。

  • こんにちは。アドセンスの申請に出してから二週間経ちますが、不合格の連絡も、合格の連絡もきません。どうしたらよろしいでしょうか。ネットで検索すると1ヶ月連絡こないこともあるそうですが、本当にそうなのでしょうか。教えてください。

    • こんにちは、コメントありがとうございます。
      審査結果の連絡は本当に1か月以上来ないこともあります。こちらでも過去に1か月以上連絡がこないこともありました。
      アドセンス審査状況確認フォームというものもありますので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    アバター
    アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
    たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
    個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
    現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。
    プライベートコンサルティングの詳細はこちら