アクセスアップ !ブログ記事の正しい書き方とは?キーワードプランナーを使おう!

The following two tabs change content below.

松崎茂利

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。

ブログのアクセスアップに欠かせないのが“ブログ記事の書き方”。

ただなんとなく書きたいことを書いていても、本当に読んでもらいたい見込み客を集めることはできません。キーワードプランナーなどを使って検索需要をチェックしていますか?

もしあなたが趣味のブログを運営しているならそれでもかまいませんが、ブログをあなたのビジネスに活かして集客力を2倍にも3倍にもしたいと考えているなら、ブログの書き方は超重要ファクターです。

今までただなんとなく記事を書いてきた人は、この記事を読んで今すぐ書き方を変更してみてください。

これを意識するだけでも、あなたのお客様になってくれる見込み客が集まってくるようになりますよ!

最も重要なのはキーワードの選定

こんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎です。

ブログのアクセスアップのための記事の書き方にはいくつかのポイントがあります。

すべてを完璧にやらないとダメっていうわけではないのですが、できるかぎりポイントを意識して記事を書いたほうが確実にアクセスを集めることができます。

その一つ目のポイントととして意識してほしいのが“キーワード選定”です。

あなたはブログ記事を書き始めるときに、しっかりとキーワードを意識してから書き始めていますか?

ただなんとなく記事を書いてきた人は、ほぼ間違いなくキーワードなんて意識していません。だから、記事が増えてもアクセスが一向に増えていかないんです。

正しく施策を取られているブログは、記事が増えていくたびにアクセスも増えていくものです。1ヶ月、2か月たってもアクセスが横ばいの場合は記事の書き方が間違っているかもしれませんのでご注意くださいね。

自分の直感だけでキーワードを選ばない

「松崎さん、私はしっかりキーワードを意識して記事を書いていますよ!」という人に、「そのキーワードはどこから選びましたか?」と聞くと、「なんとなく直感で選びました」というパターンがけっこう多いです。

「ではそのキーワードはどのくらいの検索需要がありますか?」という質問には答えられない人がほとんどです。

まず大前提として覚えておいてほしいのですが、検索需要のないキーワードで記事をいくら必死で書いてもアクセスは集まりませんからね!当然お客様も来ません。

キーワードを選定する際は必ず検索需要をチェックしてください!

これをやるだけでも、あなたのブログは生まれ変わりますよ。

実際に検索されているキーワードを選定し、そのキーワードで検索上位に行くための記事を作る。これがSEOの鉄則です。

そして、検索してきてくれた人がどんな情報を求めているのか?また、どんな欲求を持っているのか?という部分にできる限り答えられる記事を用意するわけです。

読者さんの感情や欲求を意識しながら書くことで、より役立つブログ記事ができますので、必然的にアクセスも上がっていくことになります。

検索需要の調べ方。キーワードプランナーを無料で使う方法

では、検索需要の調べ方について、ここでは1つだけご紹介したいと思います。

SEOの基本中の基本なのですが、「Googleアドワーズのキーワードプランナー」というものを活用します。

ただ、以前とちょっと変わってしまって、広告を出す設定を済ませてからじゃないとキーワードプランナーが使えなくなってしまいました。しかし、お金を払わなければだめというわけではなく、設定だけ済ませてキャンペーンを一時停止すれば課金することなくキーワードプランナーを使えますので、そのあたりのやり方を解説したいと思います。

ではまずこちらをクリックしてGoogleアドワーズの画面を開いていただいて「今すぐ開始」をクリックします。

アドワーズ

次に「メールアドレス」と「ウェブサイトのURL」を記入して「続行」をクリックします。

メールアドレスはGoogleアカウントで登録しているものを入力します。また、ウェブサイトですが、この時点でまだ自分のブログを作っていないという人は、自分のブログじゃなくてもほかの人のサイトのURLを入れておけば大丈夫です。

何を入れていいかわからない人は「https://www.yahoo.co.jp/」でも入れておいてください。

アドワーズ

次に下のような画面が表示されますので、「最初のキャンペーン」を設定していきます。

この時点で、有料になってしまいそうで心配になると思いますが、このあと料金がかからないように設定しますのでご心配なく。

アドワーズ

では順番に設定していきます。1つ目は「予算」です。

とりあえず入力しないと先に進めないので、ここでは「100」と適当に入力して「保存」を押しましょう。

アドワーズ

次は「キーワード」ですが、さきほどヤフーのURLを入力したので、ヤフーのサイトをもとにしてキーワードが自動で表示されていますが、ここでは何もせずに「保存」を押します。

アドワーズ

そして「4.広告を作成します」に進みますが、実際に広告を出すわけではないので、ここでは下記のように適当にいれておいていただければ大丈夫です。入れられたら「保存」をクリックします。

「広告の成果向上に役立つヒントや提案を受け取る」のチェックはつけてもつけなくてもどちらでも大丈夫です。「保存して次へ」をクリックします。

すると、「お支払い」の画面に変わります。「お支払い情報」を上から順番に設定していきます。

「請求先住所の国」は「日本」、「タイムゾーン」は「東京」のままにしておき、「AdWordsのプロモーション特典、新機能に関する情報、アンケートの案内を受け取る」のチェックはどちらでもかまいません。

アドワーズ

そして、「アカウントの種類」は「ビジネス」か「個人」のどちらかを選び、「名前と住所」「メインの連絡先」をそれぞれ記入します。このあたりは実際のお名前や住所を入れていただいて大丈夫です。

アドワーズ

「お支払いタイプ」は「自動支払い」のままだとクレジットカードの登録が必須なので、ここでは「手動支払い」にするといいです。そうすると「お支払い方法」で「振込」が選択できるようになります。何度もお伝えしていますが、後ほど料金がかからない設定にしますのでご安心くださいね。

そして最後に「AdWordsの利用規約に同意します」にチェックをつけて「保存して広告を作成」をクリックします。

アドワーズ

下記の画面が表示されますので、「完了」をクリックします。

アドワーズ

「新しい AdWords アカウントが開設されました。」と表示されたら、左下の「管理画面を見る」をクリックします。

アドワーズ

「AdWordsアカウントへようこそ」と表示されたら「開始」をクリックしてチュートリアルを見てもいいのですが、右上の「×」で閉じて大丈夫です。

アドワーズ

「終了してもよろしいですか?」と表示されたら「終了する」をクリックします。

アドワーズ

そしてここからが、料金がかからないようにする設定なので重要です。広告を配信しないように設定します。

まず、画面左下のほうにある「設定」をクリックします。

アドワーズ

すると、先ほど設定した予算1日100円のキャンペーンが表示されていますので、これを一時停止します。緑色の丸をクリックします。

アドワーズ

次に「一時停止」をクリックします。

アドワーズ

これでAdWords広告が配信されることはありませんので、料金が発生することもありません。

ちょっと大変でしたが、ここまで設定してやっとキーワードプランナーが使える状態になります。以前よりだいぶややこしくなりましたね。

キーワードプランナーの画面を開く方法

準備が整いましたので、いよいよキーワードプランナーを開いてみましょう。

画面右上のスパナのマークをクリックして、「キーワードプランナー」をクリックします。

アドワーズ

これでキーワードプランナーの画面にたどり着けました。実際に少し使ってみましょう。

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックします。

アドワーズ

そして、検索需要を調べたいキーワードを入力して、「候補を取得」をクリックします。

アドワーズ

すると、キーワードの「月間平均検索ボリューム」が表示されます。この数字を必ずチェックするようにしてください。

ブログ アクセスアップ 書き方

検索需要が無い場合はここに数字が表示されずに「ー」が表示されます。その場合は別のキーワードを使ったほうがいいです。そのキーワードで記事を書いてもアクセスは集まらないことになりますからね。

ボリュームは多ければ多いほどいいのか?

でもここで気を付けてほしいのはボリュームが多いとライバルも多いということです。

ライバルが多いということは、そこで勝負してもすぐに検索上位に行けない可能性があります。あなたのブログがすでに長年運営されていて、サイトパワーが高ければ勝負を挑んでみてもいいですが、まだ始めたばかりだったり、アクセス数が少ないブログの場合はライバルの少ないキーワードを攻めたほうがいいです。

たとえば、月間平均検索ボリュームが「30」しかなかったとしても、そのキーワードがあなたのビジネスに直結するようなキーワードであれば、ここでしっかり検索上位に行くことを狙ったほうが毎月確実に濃いアクセスを集めることができます。

一つの記事でドカン!とアクセスを集めるのではなく、あなたのビジネスに直結するキーワードで、少ないアクセスを確実に集めたほうが早い成果を期待できます。

なので、ボリュームが多いものを優先するのではなく、少ないものを優先するのも一つの戦略として覚えておいてください。

アクセスの少ない記事も100記事集まればバカになりません。1つの記事のアクセス数が10だったとしても、100記事あれば1000アクセス、1000記事あれば10000アクセスですからね。

記事のタイトルが超重要!

そして、次に重要になるのが記事のタイトルです。

せっかくキーワードを選定しても記事タイトルにそのキーワードを含めなければまったく意味がありません。

だからといって、「ブログ アクセスアップ」みたいにキーワードを羅列しただけではだめです。

自然な文章になるように意識してください。

検索需要をチェックしてキーワード選定をし、そのキーワードを使って記事タイトルを決める。

これを意識するだけでもブログの評価は高まっていきますよ。

キーワードの選定方法はほかにも効果的なものがたくさんあります。私のコンサルティングを受けてくれている方の場合は、私が直接キーワード選定をしてご提案しますので、あまり意識することもありませんが、ご自身でブログを運営している人たちはしっかりこのあたりを勉強してください。

記事本文に適度にキーワードを含めるようにする!

適切なキーワードを選定し、記事タイトルにもキーワードを含めた後は、記事本文の作成です。

ここでもキーワードを強く意識してください。せっかく記事タイトルにキーワードを含めても、本文中にキーワードが入っていなければ検索上位に行くことはありません。

Googleは記事全体のキーワード出現率を見ています。どんなワードが上位を占めているかをチェックして、記事の内容を把握しているわけです。

全世界の膨大な記事をすべて目でチェックすることはできませんから、こういったチェック項目を用意して記事の質を判断しているのです。

キーワードの出現頻度の目安は、専門家のなかでも意見は分かれているのですが、私は3%前後でいいのではないかと考えています。

実際に多くのクライアントさんのブログでテストしていますが、3%で問題なく上位表示できています。これは少なすぎてもだめだし、多すぎてもだめです。

むしろ、気をつけないといけないのは出現頻度が高くなりすぎることです。5%を超えてくるようであれば調節して減らすようにしてください。

これだけではなく、気を付けてほしいポイントは他にもたくさんあるのですが、まずはブログの書き方入門編としてこの記事の内容を意識して書いてみるといいですね!

キーワードの出現頻度をチェックする方法について、くわしくは近日追記します。下記のサイトでチェックできますのでご覧ください。
SEOチェキ (新しいウィンドウで開きます。)

こちらの記事も非常に大切なので目を通しておいてください。
記事の文字数がコツ?ブログアクセスアップの方法!


p.s.

現在8005人の方が購読している松崎の無料メルマガでは、ブログで年収1000万円を達成するための考え方やノウハウを公開しております。

無料メルマガにご登録いただくと、いまなら参加費10,000円で開催した有料セミナー動画の完全版を無料でご覧いただけます。

もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。
無料登録はこちらから↓
【無料メルマガ】21日間届くブログ集客入門講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アチーブドリーム代表 / ブロガー / ブログ集客コンサルタント
たった一人でブログだけを使って月商400万円を達成。
個人・法人合わせて100件以上のコンサル実績があり、ブログを使った集客力アップ、収入アップのプロとして多くの人の成果を上げることに成功。
現在も自分自身がブロガーとして活動しながら、講演やコンサルを行っている。