googleアドセンスはアメブロなどの無料ブログで審査ができない?おすすめのブログサービスは?

「無料ブログでGoogleアドセンスの審査に出せなくなった!」「アメブロでは申請できないんですか?」という声が最近頻繁に聞こえてきますが、実際のところはどうなのか?この記事で詳しく解説したいと思います。

また、Googleアドセンスでしっかり稼いでいくために最適なブログサービスもご紹介しますので、Googleアドセンスで結果を出していきたい人はぜひご一読くださいね。

ポイントはサブドメインです!サブドメインがNGなんです。サブドメインとは何か?というあたりも含めて後ほどご説明していきますね。

l_003a

1.Googleアドセンスの審査に無料ブログが使えなくなったって本当?

ブログ集客コンサルタントこんにちは!ブログ集客コンサルタントの松崎です。

ブログで稼ぐのにGoogleアドセンスは大変おすすめの仕組みなのですが、最近の仕様変更によりGoogleアドセンスの審査に通すには無料ブログでは難しくなってしまいました。

そもそもGoogleアドセンスって何?という方はこちらの記事も目を通しておいてくださいね。
【保存版】ブログで稼ぐ方法!4つのおすすめの収入の仕組みを解説!

Googleアドセンスは手軽に稼げる仕組みなので、ブログビジネスにはぜひとも取り入れてもらいたいものなのですが、これからブログを開設して審査に出すという方は十分気をつけてください。

さきほど、「Googleアドセンスの審査に通すには無料ブログでは難しくなった」と書きましたが、無料ブログでは絶対に無理というわけではなく、サブドメインでは審査に出せなくなったということなのです。

まずはGoogleアドセンスのヘルプページをしっかりと読んでみてください。すごく重要です。

【Googleアドセンス】お申し込み時の URL の入力方法

上記ページをご覧いただくと、どんなURLが無効なのかがわかりますね。このあたりは後ほど詳しくご説明しますが、とにかくここでは「独自ドメインを取得しないとダメなんだ!」ということだけ覚えておいてください。

2.無料ブログはペナルティを受けやすい?

これからGoogleアドセンスを始める場合、無料ブログでは絶対に審査に通らないというわけではありません。正確にいうと“独自ドメインが使える無料ブログならOK!”ということになります。

ただし!ここで1つだけ注意しておきたいことがあります。無料だからといって何も考えずに無料ブログサービスに手を出すのはちょっと危険です。

その理由は、“無料ブログはGoogleのペナルティを受けやすい”ということ!

実は私のコンサル内でも、無料でスタートできるということで、以前に無料ブログサービスをおすすめている時期もあったのですが、今は逆に推奨していません。少しお金がかかってもちゃんとしたレンタルサーバーを借りてワードプレスを運営したほうがいいと教えています。

これからお話しすることは推測の域を出ないのですが、無料ブログサービスは質の低いブログがたくさん集まってくる傾向があります。そのなかにはアダルト系や暴力的なものも多数あるでしょう。そうすると当然Googleの推薦したくないブログがそこにはたくさんあるわけですから、Googleもこのサーバーを警戒するわけです。

Googleにとっての至上命題は、なんといっても質の高い情報を検索結果に表示させること!質の高い検索システムを提供すること、これが生命線ですよね。質の低いサイトはできるだけ消えてほしいというのが本音なのです。

そこでGoogleは無情な鉄槌を下すことになります。質が低いサイトと判断するとGoogleの検索結果からどんどんはじいてしまうんです。すると当然アクセスが来なくなりますから、誰の目にもとまらなくなり、結果的に存在価値のないサイトと化してしまうのです。

質の低いサイトがたくさん集まるサーバーに属しているだけで、自分のブログもペナルティを受ける確率が格段に上がってしまうのです!だから無料ブログサービスは使わないほうがいいという結論です。

これは私のコンサル内での経験からも間違いないと思います。無料ブログはペナルティを受けることが何度かあったのですが、質の良いサーバーでブログを運営するようにしてから一切ペナルティを受けなくなりました。

一度ペナルティを受けてしまうと復活させるのは非常に難しいので、いかにペナルティを受けないように運営するかを考えたほうが利口です。月数百円の投資だけでリスクがなくなるなら安いもんだと思いませんか?

これからブログを開設したいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

初心者必見!さくらインターネットでワードプレスをインストールする方法

3.無料ブログでもGoogleアドセンスはできる!おすすめの無料ブログ一覧

以上の理由で、私は無料ブログをおすすめしていませんが、「最初はどうしてもお金をかけたくない」という方のために独自ドメインが使える無料ブログサービスを紹介しておきたいと思います。

3-1.seesaaブログ

こちらは無料ブログのなかでも大変有名なブログサービスで、独自ドメインも使えるし、記事内にGoogleアドセンスの広告を貼ることもできるので、まずは無料ブログで始めてみたいという方にはおすすめです。

3-2.Blogger

こちらはGoogleが運営しているブログサービスです。ただBloggerの場合、サイト運営期間が6ヶ月以上経っていないと審査に出せない場合があるようです。ネットの情報では2ヶ月くらいで審査に出せたという人もいますが、ブログ開始から数か月経たないと審査に出せないというのは大きなデメリットですね。

3-3.ライブドアブログ

ライブドアブログも独自ドメインを設定することができますので、Googleアドセンスの審査に出すことができますし、記事内にアドセンス広告を貼ることが可能です。

ただし、ライブドア側が設置する広告全部を消すことができないので、広告収入が発生しても少しライブドア側にも持っていかれてしまうのです。

なので、これからブログビジネスでしっかり稼いでいこうという人にはお勧めできません。

ということで、上記のどちらでもスタートはできますが、やはりseesaaブログのほうがやりやすいと思います。しかし、先ほどもご説明しましたが、独自ドメインを取得しないと審査に出せないので注意してくださいね。そのあたりも詳しくご説明していきましょう。

4.サブドメイン・サブディレクトリーって何?アメブロはだめなの?

「【Googleアドセンス】お申し込み時の URL の入力方法」のページでもご確認いただいた通り、Googleアドセンスの審査に出すにはサブドメイン・サブディレクトリーはNGになりました。

サブドメイン http://●●●.blog.so-net.ne.jp/

こちらの例はSo-netブログのURLなのですが、●●●の部分だけが固有のもので、独自ドメインの直前に文字列が含まれているものです。こういったドメインのことをサブドメインといいます。

サブディレクトリー http://ameblo.jp/●●●/

次はアメブロのURLですね。これはサブディレクトリー型になるのですが、/●●●/の部分がブログのURLに含まれることでGoogleの審査には出せないということになってしまいます。

アメブロは最も有名なブログサービスなので、なんとなくアメブロで始めちゃった人も多いと思いますが、アメブロのURLではGoogleの審査に出せませんのでご注意くださいね!また、仮に審査に通ったとしても、アメブロの記事内にはアドセンスの広告を貼ることができませんので、やはり広告収入を目指すのであれば最初からワードプレスを使うのが一番です。

5.独自ドメインを取得するには?

ということで、とにかく独自ドメインが必要なんだということはお分かりいただけたと思いますが、「独自ドメインってどこで取得すればいいの?」という方もいらっしゃるでしょう。

私のところではほとんどがお名前.comで取得しています。安いし多くのドメインを一度にチェックできるのでおすすめです。

ドメインは「.net」や「.com」、「.xyz」などなどいろいろありますが、基本的にはどれでも構いません。ドメインによって多少金額が変わりますが、だいたいは年間1,000円以内くらいで取得できますので安いですよね。

「本当に稼げるかどうかわからないのに、年間1,000円も払いたくないよ!」という人も多いと思います。その影響でGoogleアドセンスの新規参入者がかなり減っているそうです。

これはまちがいなくチャンスですね!

中途半端なライバルが減って、しっかり取り組んでいく人にとってみればより稼ぎやすい時が来たと考えてもいいと思いますよ。ブログにしっかりと取り組めば、年間1,000円なんて間違いなく稼げますし、このくらいの初期投資も躊躇するような決意しかできていないなら、はっきりいってやらないほうがいいと思います。絶対続かないですから・・・。

いろんなドメインがありますが、SEO的には「.net」か「.com」を使うことをおすすめします。

6.さくらインターネットを使って独自ドメインでブログを開設するのがおすすめ!

seesaaブログで独自ドメインを使ってブログを開設し、Googleアドセンスの審査に出すことももちろんできるのですが、先ほどもご説明したようにペナルティを受ける可能性が高いのであまりおすすめできません。

私のコンサル内ではどんなやり方をしているかというと、さくらインターネットのスタンダードプランを使ってワードプレスを運営するという方法です。

これならたった月515円でワードプレスを運営することができて、トラブルも少なくて安心できるサーバーです。

なかには無料で提供しているサーバーや、月200円くらいのサーバーもあるのですが、アクセスが集中するとすぐに落ちてしまったり、ページの改ざんが多かったりでトラブルも多いです。しかもサーバーに入っている別サイトの質も低い傾向があるのでペナルティの確率も高まります。

最低でもさくらインターネットのスタンダードプラン以上のサーバーを使うことをおすすめします。私のところではほとんどの方がこのプランを使っていますが、今のところ大きなトラブルにあった人もいませんし、ペナルティを受けた人もいません。

ただ、さくらインターネットは最高レベルの性能とは言えません。大量のアクセスが来るようになるとエラーが出やすくなるので、ブログが育ってきたらサーバーの引っ越しを考えるといいですね。その際にお勧めしているのが有名なエックスサーバーです。

月々の費用はさくらインターネットのスタンダードプランの倍くらいしますが、一度にさばけるアクセス数が大幅に上がるので、大量にアクセスが来ても安心して運営することができます。目安としては、1日5000~10000PVくらいを越すようになってきたらエックスサーバーにするといいと思います。

1日5000~10000PV来るようになると、さくらインターネットだと503エラーが増えてくる傾向があるので、切り替え時と考えてもいいですね。

ただ、ブログを開設してすぐに5000~10000PVも来ることはありませんので、しばらくは安いほうのサーバーで運営してもいいと思います。

7.まとめ

ということで、結論としては、Googleアドセンスの審査に出すのに最適なおすすめのブログサービスは、さくらインターネットのスタンダードプランを契約して、お名前.comでドメインを取得し、ワードプレスを立ち上げる方法ということになります。

さくらインターネットでワードプレスを立ち上げる方法に関しては、「初心者必見!さくらインターネットでワードプレスをインストールする方法」をご覧ください。。

こちらの記事もご覧ください。
Googleアドセンスの審査に通らない5つの理由!期間は?


p.s.

現在8005人の方が購読している松崎の無料メルマガでは、ブログで年収1000万円を達成するための考え方やノウハウを公開しております。

無料メルマガにご登録いただくと、いまなら参加費10,000円で開催した有料セミナー動画の完全版を無料でご覧いただけます。

もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。
無料登録はこちらから↓
【無料メルマガ】21日間届くブログ集客入門講座

3 件のコメント

  • はじめまして。
    こちらの記事を拝読し、さくらインターネットとお名前.comを覗いてみました。
    お名前.comにもワードプレス運営のプランがありました(200GB )。
    サーバー+ドメインのお値段はさくらインターネットとほぼ同じのようですので、一カ所ですむならお名前.comの方が楽かな?と思ったりもしますが・・・
    使いやすさ、安全性など、松崎さんとしては、さくらインターネットの方がお勧めなのでしょうか?

  • 初めまして。
    ブログを10年くらいやっていたのですが収益化ができると分かりやってみようと考え中です。
    非常に分かりやすいまとめで大変参考になります!

    そこで1つお尋ねしたい事があります。
    ワードプレスは独自ドメインに変更する際、アップグレードが必要だと思うのですが、さくらインターネットのレンタルサーバーからワードプレスをインストールすると、そのアップグレードは必要ないのでしょうか?
    上記にコメントされてる方の質問も気になりますので合わせて教えていただけますか?

    • yunaさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。

      「ワードプレスは独自ドメインに変更する際にアップグレードが必要」とのことですが、これはどのサーバーのことでしょうか?

      他のサーバーはあまり詳しくないのですが、会社によってはそういうこともあるかもしれませんね。

      ちなみにさくらインターネットのスタンダードプランはアップグレードしなければいけないということはありませんよ。

      上記コメントについてですが、お名前.comのサーバーよりは私の実感としてはさくらインターネットのほうが安心して使えます。ただ、サーバーというのは使ってみないとわからない部分もあるので一概にお名前.comのサーバーはダメというわけではないですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です