読書の効率を何倍にも高める方法

あるコツを意識するだけで、読書の効率を何倍にも高めることができます。

読書は最高の自己投資です。費用対効果から考えても最も効率のいい自己啓発になるのは間違いありませんが、ちょっとしたコツを意識するだけで、その効果を何倍にも高めることができるのです。

このブログを読んでくれている人たちは向上心の高い人が多いので、当然読書はたくさんされているでしょうけど、その効果を高めるためにも、ぜひこの記事でお伝えするコツを実践してみてください!

読書 効率

私は読書が大の苦手でした・・・

nigaoeブログ集客コンサルタントの松崎です。

私はもともと読書が大っ嫌いだったのですが、どうしても自分を変えたくて、数年前に読書を生活習慣に取り入れることにしました。

最初はかなり抵抗ありましたが、今では自己啓発になっていることが実感できるし、楽しみの一つになっています。読めば読むほど楽しくなっていく感じです。

なにせ学生時代なんて1冊まともに最後まで読んだことなかったですからねー。昔は読書なんてまったく興味もありませんでした。そんな私がここまで読書をしているのは奇跡的…。

でもそのおかげで人生が大きく激変しました。私の思考パターン自体が変化したからでしょう。

今では私は読書をとても重要視しています。読書は成功に欠かすことのできない習慣の1つだと思っています。

先人の成功者たちの思考パターンや体系化したノウハウが、たった1500円とか2000円くらいで手に入り、しかも何度でも読むことができる。これほど効率のいい勉強法は他にないです。

オーディオCDやDVDももちろんいいですが、やはり活字が最高です。自分のペースで進められるし、繰り返し読むことも簡単です。付箋などを使うことでさらに記憶に残りやすくすることもできます。

人に教えることを前提に読む!

でも多くの人が、ただなんとなく1回目を通して呼んだつもりになってしまっています。

はっきりいって1回読んだだけでその本を理解できたと思ったら大間違い!1か月後に本の内容をどれだけ思い出すことができるか試してみるといいです。おそらくほとんど思い出せないでしょう。

私たち人間の記憶力なんてそんなものです。人間は忘れる生き物だということを認めたうえで勉強するべきなんです。

そのうえで少しでも効率を高めるためのコツを知っておくと、結果は大きく違ってきます。

まず読書の効率を高める1つ目のコツは、人に教えることを前提に読むこと。

学生時代に、学校の勉強などを人に教えたとき、その内容が強く記憶に残っている経験をしたことがありませんか?これは知識を人に教えることで、頭の中に情報が繰り返し飛び交い、整理されて、記憶が強く脳に刻み込まれるからです。

そもそも教えることを前提に本を読むと、そういう思考回路で情報を吸収するので、記憶が定着しやすいんです。

本当にちょっとしたことですが、なんとなく本を読むのと、人に教えることを前提に本を読むのでは、脳の活動があきらかに違いますのでぜひ実践してみることをおすすめします。

私はここ何年もブログで情報発信をしてきたので、読書をするときも「これはブログのネタにならないかな」という意識を持ちながら読んでいたので、自然と実践できていたのだと思います。

そして実際にブログで文章化することで、さらに知識が定着していきます。ブログで情報発信するということは、自分自身が一番勉強になっているんです。あるジャンルにしぼってブログで情報を発信し続ければ、1年もすれば専門家並に知識が身につくでしょう。

よく勘違いしている人が多いのですが、「私は専門知識がないからブログで情報発信なんてできない」というのはまったく逆です!

専門知識を高めるためにブログを有効活用するんです!

お金が集まってくる人はほぼ間違いなく情報発信者です。今すぐ情報の受け手から発信者側にまわりましょう!

読書は1回では理解できていない!

さきほども少しお話ししましたが、1回読書をしたくらいではその本の内容を半分も理解できていません。もちろん個人差はありますが、半分以上は理解できていないと思っていたほうがいいです。

あなたは同じ本を3回以上読んだことがありますか?

私は同じ本を10回以上読んだりしていますが、その都度新しい発見があります。10回も読んでいるのに「あ?そういうことだったのかー」と思わされることが何度もあるんです。

これは、そのときの読者側の知識レベルや経験値によって、心に響くところが違うからです。

それに、人間は忘れる生き物ですから、次に読むときは半分以上を忘れているんです。だから本当にいい良書は何度も何度も読んで、自分の血肉になるくらい繰り返し読むべきです。

良書は最低3回は読む!私はこれを常に意識して読書しています。

次から次へと新しい本を読むよりも、良書を何度も何度も読んだほうが確実に効果があります。

何度も何度も読んで「脳に刷り込む」というイメージです。潜在意識に刷り込むんです。

そうすることによって、より深みのある“使える知識”になり、思考パターンに変化を与えることができるようになります。そして、思考パターンに変化を与えることができれば行動パターンを変えることもできます。

私は仕事柄、人に物を教えることが多いのですが、浅い知識では人にわかりやすく伝えることができません。

「自分はなんとなく理解できてるんだけどうまく教えられない」という経験はありませんか?わかりやすく人に教えるには、ただの知識ではだめなんです。

“使える知識”になっていないと人には伝わらないんです。

私は本を読む際は、人に教えることを前提に読むようにしています。この意識を持つだけで吸収力が何倍にも高まります。ぜひ試してみてください。

少しでも役に立ったと思ったらシェアをお願いします!↓

 

p.s.

毎日4361人が購読している無料メルマガ!
1日1分読むだけで年収1000万の思考が身につく!
ブログを使ったパーソナルブランディングをマスターすれば、年収1000万円レベルならすぐに達成可能です。
あなたの売上を上げるための極意を毎日無料でお届けします!
今なら私が実際に使っている夢ノートテンプレートを
無料でダウンロードすることができます!

http://achieve-dream.net/archives/549

youtube

p.p.s.

facebookをやってる方はぜひ友達申請してください^^
facebookでしか流さない情報もありますので
ぜひお友達になりましょう?!
⇒?http://www.facebook.com/matuzakiofficial

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です