無料のおすすめアクセス解析「Googleアナリティクス」ブログアクセスアップ必須ツール!

ブログのアクセスアップを実現するためには“アクセス解析”は必須です。この記事ではおすすめの無料アクセス解析ツールの紹介と、アクセス解析画面でのチェックポイントについて説明していきます。

ブログ,アクセス解析,無料,おすすめ

アクセス解析はコックピットの計器!

ブログ集客コンサルタントの松崎です。

もしあなたがブログ集客を成功させたければ、ブログのアクセス解析はしっかりと勉強して正しい知識で取り組まなければいけません。

あなたのブログが目的地に向かって正しい方向にフライトいるか、あるいは軌道修正が必要なのかを逐一把握しておくことが大切なのです。

私はよくネットサーフィンをしながらいろんなブログを見ているのですが、「このブログはどこに向かっているんだろう?」と感じることが多々あります。おそらくほとんどの人が目的地すら決めることなく、ただなんとなくブログ運営をしているのでしょう。これではまず間違いなく成果を出すことはできません。

ここで言っている目的地というのは、「ブログを運営する目的」のことです。

なぜブログを運営するのか?ブログを運営することでどんな結果を手に入れたいのか?これは一番最初に決めておかなければいけません。

そして、その目的地にたどり着くためには現在地を知る必要があるのです。アクセス解析は現在地を知るためのコックピットの計器です。計器無しに飛行機を飛ばすことができないように、ブログ集客を成功させるためにはアクセス解析は必須です。

無料で使えるおすすめのアクセス解析とは?

アクセス解析といってもいろんな種類があるのですが、最もおすすめしたいのはやはりGoogleが提供しているアナリティクスです。

アナリティクスはGoogleが提供しているアクセス解析ツールだけあって、機能は申し分ないですし、様々な分析機能がついているので、これさえあれば間違いないでしょう。

アナリティクスの解析画面でのチェックポイントについては下のほうで解説していきますね。

アメブロやソネット、seesaaブログなどの無料ブログサービスを使用する場合は、標準でアクセス解析機能がついていますが、機能性は低いですし、細かい分析機能はついていませんので、必ず外部のアクセス解析ツールを使用するようにしましょう。

標準のアクセス解析はあくまでも参考程度にしておいたほうがいいです。

アナリティクスなどの外部のアクセス解析を使うとよくわかるのですが、無料ブログサービスのアクセス解析は純粋な数値がわからないんですよね。具体的にどういう仕組みになっているかはわかりませんが、アナリティクスで見る数値の2割増しくらいになっています。

正確な現在地を知るためには必ず外部のアクセス解析ツールを使うようにしてくださいね。

アクセス解析でチェックすべきポイントは?

では具体的にGoogleアナリティクスのアクセス解析画面で、どんなところに気をつけてチェックすればいいのかをご説明します。

アクセス数が上がっているのか?下がっているのか?

ブログを運営していくうえで最も重要なのが“アクセス数”です。

もちろん、ただ数字が多ければいいということではなく、1週間単位、1ヶ月単位でページビュー数を見たときに、しっかり数字が上がってきているのかどうかは常に意識しておきたいところです。

正しいブログ運営をしていれば、記事が増えれば増えるほどページビュー数も上がっていくはずです。これが横ばいだったり徐々に下がっているようでしたら要注意!あなたのブログ運営は正しい方向に進んでいないということになります。

ページビュー数は毎日変動します。前日より数字が落ちてしまうということもしょっちゅうですし、上がり続けるなんて言うことはありません。

だから一日単位で一喜一憂する必要はまったくないのですが、少なくとも1週間前、1か月前の状態と比較してブログが育っているかどうかはしっかりとチェックしておくべきです。

どんなキーワードでアクセスが集まっているのか?

次にチェックすべき点は“キーワード”。自分のブログにたどり着いた読者さんは一体どんなキーワードで検索してブログを見つけてくれたのか?これもしっかりチェックしておいてください。

アナリティクスの画面で、「集客」⇒「キャンペーン」⇒「オーガニック検索キーワード」をクリックすると確認できます。

自分がターゲットとしているキーワードでアクセスが集まっているかどうかは重要です。いくらアクセスが多くても、見込み客が集まっていなければまったく意味がないですからね。

この「オーガニック検索キーワード」をチェックすると、多くの人が疑問に思うのが“not provided”。この“not provided”がたいてい1位にいるんです。「これは何だ?」と思た方の多いのではないでしょうか?

実はこれ、「検索キーワードが不明でした。」という意味なんです。

ここでは細かい説明は省きますが、最近Google検索で使用されたキーワードが表示されないようになってしまったんです。なので、“not provided”の下に表示されているキーワードは、Google以外で検索されたキーワードと推測できます。Yahoo!とかBingとかですね。

これだけでも十分参考になりますので、チェックしておくことをおすすめします。

ちなみに、検索キーワードはウェブマスターツールでもチェックすることができますので、合わせてご確認ください。詳細はまた別記事をアップしますね。

このキーワードをチェックすることで、自分のブログがどんなキーワードでアクセスを集めているのかがわかります。

よくあることなのですが、狙っていないキーワードが上位に来ることがあるんです。そういったワードが見つかったら、そのキーワードで最適化された記事を増やすことでよりアクセスを集めやすくなりますので、予想外のキーワードが見つかったら積極的に対策していきましょう。

ページごとの評価を確認する

Googleアナリティクスの数字を分析すれば、自分の記事が読者さんに受け入れられているか、それとも期待外れになってしまっているかが予想できます。

ページの評価を知ることができるんです。

どの数字でページの評価を判断するかというと、「平均ページ滞在時間」と「直帰率」です。

「平均ページ滞在時間」とは、そのページをどのくらいの時間閲覧してくれたかという数字で、長ければ長いほどじっくり読んでくれたことになりますので、ページの評価が高まります。

あなたもいろんなウェブページを見ていて、おもしろくないなと感じたらすぐに別のページに移ってしまいますよね?これがGoogleの評価基準の一つになっているんです。

ですから、いかに読者さんのニーズに答えるようなおもしろい記事を書けるかが評価を高めるポイントになるわけです。

それともう1つが「直帰率」。これは自分のブログに訪れてくれて、1ページだけを閲覧してすぐに別サイトに移ってしまうユーザーの割合のことです。

「このブログはおもしろいな!」とか「自分の求めている情報が満載だな」と感じたら、普通は2ページ目3ページ目と閲覧していくはずなのですが、1ページ目を読んですぐに帰ってしまう人が多い場合は、ブログがおもしろくないという評価を受けてしまうんです。

この2つの項目は、アナリティクスの「行動」⇒「サイトコンテンツ」⇒「すべてのコンテンツ」を開くとチェックすることができます。

自分のサイトがターゲットユーザーに受け入れられているのかを判断する指標になりますので、必ずチェックするようにしましょう。

ただこの数字は、ライバルサイトのデータを閲覧することはできませんので、自分のサイト内での比較ということになります。ブログのテーマによっても数字はだいぶ違ってきますし、一概にこのくらいのパーセンテージはないとダメという基準を言うのは難しいです。

なので、他サイトと比較しようとせずに、過去の記録と比較してユーザーの満足度が高まっているのか低くなっているのかをチェックするようにしてください。

たとえば1か月前の滞在時間と比較して、少しでも時間が伸びているようならブログの評価が上がったと判断していいですね。

まとめ

ということで、おすすめの無料アクセス解析ツールといったら、間違いなくGoogleアナリティクスです。

まだ設置していない方は計器のない飛行機を操縦しているようなものですから、今すぐ設置して方向性を確認してくださいね。


p.s.

現在8005人の方が購読している松崎の無料メルマガでは、ブログで年収1000万円を達成するための考え方やノウハウを公開しております。

無料メルマガにご登録いただくと、いまなら参加費10,000円で開催した有料セミナー動画の完全版を無料でご覧いただけます。

もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。
無料登録はこちらから↓
【無料メルマガ】21日間届くブログ集客入門講座

2 件のコメント

  • こんにちは。元公務員@ハッピーライフです。

    私のブログへの訪問ありがとうございます。

    私もアナリティクスを入れましたが、
    全然チェックしていませんでした。

    これではいけませんね。

    これからはちゃんと見るようにします。

    それでは応援いたします。

    • 元公務員@ハッピーライフさん、コメントありがとうございます!
      こちらもこれから応援させていただきます♪

      アナリティクスはぜひ活用されたほうがいいですね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です