教室系ブログ集客 を成功させる6つの秘訣!

松崎茂利

教室業にもブログ集客は効果的なのか、本当にブログで集客ができるのか疑問に思っている人も多いと思います。

結論からいうとブログは教室業の集客にも最適です。

「でもうちの教室もブログを運営していますが、一向にアクセスが集まりませんし、ブログから問い合わせなんて1回もきたことないですよ。」という方は集客のための正しいブログ運営方法ができていないということになります。

この記事では教室業の方のためのブログ集客の秘訣を解説していきますので、ぜひじっくり読んでいただいてご自身のブログに落とし込んでいただければ幸いです。

1.教室系の集客にもブログが効果的な理由

96390「ブログだけでは絶対に集客なんてできない」と言っている集客の専門家もいるようですが、実はブログだけで集客を成功させている教室がたくさんあるのが現実です。

むしろブログだけあればホームページは必要ないくらいです。

しかも記事はずっと書き続けなければいけないわけではなく、重要な記事をいくつか用意すれば、その後は自動集客装置にすることも可能です。

なぜそんなことができるのか解説していきましょう。

1-1.「ブログ=日記」という概念を捨て、コンテンツをつくろう

あなたは“ブログ”というと“日記”のような記事をイメージしていませんか?芸能人ブログのような日記ブログが真っ先に思い浮かぶ人は多いですよね。これは一般的なブログの概念としては間違いではないのですが、“ブログ集客”の視点で見た場合には完全に間違いです。

日記ブログを書き続けているうちはブログで教室や店舗の集客をすることはまず不可能でしょう。

私がおすすめするブログ集客とは、ブログを使ってコンテンツサイトを運営することであって、ブログを使って日記を書いていくことではありません。

1-2.ブログは新しい記事をアップするのが簡単

ブログは日記をつけるような感覚で簡単に新しい記事をアップすることができるシステムです。通常のホームページでは専門的な知識がないと新しい記事をアップすることができないので、だれでも簡単に記事を投稿することができないのですが、ブログであればちょっとしたパソコンの知識があれば誰でも記事をアップすることができます。

勘違いしている人が多いのですが、新しいページを作る方法が違うというだけで、ブログもホームページもネット上にアップされれば同じウェブサイトなのです。

ですから、そもそも「ホームページでは集客できるけどブログでは集客なんて無理」と言っているコンサルタントは何もわかっていないことになりますよね。そもそも私の意見としては、ホームページだけで集客することのほうが百倍難しいです。

ちなみに、いまあなたが読んでくれているこの記事もワードプレスというブログシステムを使って作っているものです。あきらかに日記ではなくコンテンツになっていることがお分かりいただけると思います。

1-3.記事数が多くて、頻繁に更新されているサイトは評価が高い

教室集客用のブログに限った話ではないのですが、Googleの検索結果の上位に表示されるには、Googleからの評価を高めなければいけません。そしてそのためには、活発に更新されているサイトのほうが有利になります。

つまり、頻繁に新しい記事をアップしていたほうが評価は高まりやすいのです。

ブログシステムではなくて、普通のホームページでも頻繁にアップしていればいいのですが、それだと手間がかかのでブログを使うことをおすすめしているのです。

ブログだけでホームページの役割もカバーできますし、集客をブログだけで完結することもできます。

2.教室集客ならどのブログサービスがおすすめ?

私のところでは基本的にはワードプレスを使うことをおすすめしています。ワードプレスを始める手順については「初心者必見!さくらインターネットでワードプレスをインストールする方法」でご確認ください。

これに関しても教室系の集客に限らず、店舗系やコンサル系、アフィリエイト系などすべてにおいてお勧めしています。

あとはアメブロもおすすめですが、単独でアメブロを使うよりはワードプレスとアメブロをうまく連携させて使うことをおすすめします。どちらにもメリット・デメリットがありますので、両方を効率よく活用するといいですね。

3.「地域名+●●教室」で上位を取ろう!

教室業などの店舗集客の場合、よほどのことがない限り全国からお客様が集まるということは考えにくいです。ある程度の商圏が決まってきます。

教室を探している見込み客は、「新宿 ヨガ教室」とか「新宿 パソコン教室」のように「地域名+●●教室」というキーワードで検索することが多いので、まずはこのキーワードで上位を狙うことを考えなければいけません。そのためにすべきことをいくつかご説明します。

3-1.ブログ名に「地域名+●●教室」を入れる

教室系などの商圏の決まっている店舗系集客ブログの場合、必ず地域名と業種をブログタイトルに入れるようにしましょう。

たとえば、新宿区でヨガ教室を営んでいる方であれば、「新宿のヨガ教室講師が教えるヨガブログ」のような名前にすれば検索上位に入りやすくなります。

屋号も入れるべきじゃないか?と考える方もいると思いますが、私は必ずしも入れなくてもいいと思います。

屋号であればトップページやプロフィールページにもたくさん出現するはずですし、放っておいても検索上位をとれます。それにブログ集客で狙うべきターゲットは、「教室名をすでに知っている人」ではなくて、「教室名を知らないけど教室を探している人」なのです。ですから教室名、店舗名は最重要ワードではないのです。

3-2.ブログの説明文に「地域名+●●教室」を入れる

ブログの説明文にも必ず地域名と業種を入れるようにしてください。ワードプレスの場合は「All in One SEO」というプラグインを使うことをおすすめしていますので、「All in One SEO」の「一般設定」にある「ホームディスクリプション」で設定することになります。

アメブロの場合は「アメブロの基本設定」の「説明」欄になります。

アメブロの説明文はワードプレスのディスクリプションと呼ばれている部分と同じで、Googleの検索結果に反映されることになりますので、できるだけ簡潔にブログの内容が伝わるような文章を作りましょう。

4.グローバルメニューは必須!

また、ブログにグローバルメニューを設置していない人も多いのですが、これは必ず設置するようにしましょう。「グローバルメニューってなに?」という方は「グローバルメニューの正しい作り方とは?」の記事を熟読しておいてください。

globalmenu

グローバルメニューは読者さんに対する利便性の向上という意味ももちろんあるのですが、グーグルの評価を高めるためにも重要なのです。

グローバルメニューにはできる限りターゲットキーワードを入れるようにしてください。Googleはグローバルメニューに入っているキーワードを重要なワードとして認識してくれます。検索上位も狙いやすくなりますので、しっかり考えて設定したいですね。

教室系や各種店舗系の集客ブログでしたら、「地図」や「お問い合わせ」、「メニュー」、「料金」などもわかりやすい掲載してください。

5.生徒さんの声は絶対に載せるべき!

生徒さんの声、お客様の声も絶対に載せるべきです。これは集客の基本中の基本です。サイドバーやトップページなどにできるだけ多く掲載するようにしましょう。

6.メルマガで見込み客のリストを取得しよう!

検索エンジンなどからたまたまブログに訪れてくれた読者さんは、次もまた見に来てくれる保証はどこにもありません。

だからといって1回目の訪問ですぐに顧客になってくれる可能性は低いので、まずは読者さんとの接点をつくることを心掛けてください。

最もいい方法はメルマガに登録してもらってメールアドレスをいただくことです。そうすることで、いつでもこちらから案内を送ることができるようになりますし、こちらの存在を頭の隅に入れておいてもらうことができるようになります。

ただし、「メルマガに登録してください!」とただ訴えても誰も登録してくれませんので、メルマガに登録してもらうための特典も用意するようにしてください。このあたりに関しては別記事で詳しく説明していきますね。

こちらの記事も目を通しておいてくださいね。
ブログアクセスアップの方法!ブログ集客のコツは記事の文字数?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です