内部リンクの方法1つでSEO効果が高まる!

SNSパーソナルブランディングコーチの松崎です。

自己啓発とは

この記事ではブログのアクセスアップに欠かすことのできない
SEO効果が最も高まる内部リンクの方法について
お話ししたいと思います。

ブログで店舗集客をしたい方、
アフィリエイトブログで稼ぎたい方など、
ブログアクセスアップを攻略したい方は
この方法を確実に実行しておいてください。

内部リンク 方法

内部リンクとは?

「そもそも内部リンクってなに?」
という方のために簡単にご説明すると、

自分のブログ記事から自分の過去のブログ記事に
リンクを貼ることをいいます。

たとえばこんな感じ。
仕事で成果を出す自己啓発とは?具体例
※新しいウィンドウで開きます。

上のリンクをクリックすると
私の別のブログ記事に飛びましたね。

これを「内部リンク」というんです。

「あ、なんだ!そんなことか!
松崎さん、その方法ならもうやってますよ!」

という人も多いかと思いますが、
実は間違った内部リンクの使い方をしている人も
けっこういるんです。

なので、すでに内部リンクを使っている方も
ぜひ最後まで目を通してみていただいて
正しい内部リンクの方法を実行しているか
確認してみてください。

なぜ内部リンクを使ったほうがいいのか?

内部リンクには2つの役割があります。

1つは「リンクを集中させてSEO効果を高めること」

もう1つは「ブログを回遊させて滞在時間を延ばすこと」

主にこの2つのために内部リンクを使います。

簡単に説明していきましょう。

「リンクを集中させてSEO効果を高めること」
と書きましたが、これは被リンクの数を増やすことによって
SEO効果が高まって検索上位に行きやすくなるんです。

本当は自分のサイト以外からの被リンクが
一番効果が高いのですが、
外部の被リンクというのは自分ではなかなか
操作できるものじゃないので難しいんです。

でも、自分のブログ記事なら自分で操作できますよね?

外部リンクよりも効果は薄いですが
それでも効果はあるんです。

だからこれは絶対にやっておいたほうがいいです。

それから2つ目の
「ブログを回遊させて滞在時間を延ばすこと」
についてですが、
ブログ訪問者の滞在時間というのが
検索順位に大きく影響するんです。

もしあなたが読んでいる記事のなかに
関連があって興味をひくリンクがあれば
読みたくなりますよね?

たとえばこの記事。
ブログへの濃いアクセスを大幅にアップさせる方法
※新しいウィンドウで開きます。

この記事も読んでおいたほうがいいですよと言われたら
読みたくなりませんか?

こうやってブログ内を回遊させることによって
訪問者の滞在時間を延ばせます。

ここをGoogleは見ているんです。

訪問者が訪れて5秒で別のサイトに移っちゃうようなら
「このサイトは訪問者の期待に応えていないサイトだ」
とGoogle先生は判断するのです。

内部リンクをたくさん用意することによって
サイト内の回遊性がアップするので
Googleの評価が高まるというわけなんですね!

ここまでOKでしょうか?

内部リンクはアンカーテキストが大事!

ではここで1つ内部リンクについて
みなさんが陥りやすい間違った使い方を
ご紹介しましょう。

たとえばこんな感じです。

こちらの記事も読んでみてください。

これ、さっきと同じページにリンクを貼ってありますが、
これはダメな例なんです。

違いがわかりますか?

実はこれ、どんな文字にリンクを貼るかが
非常に重要なんです。

これを「アンカーテキスト」というのですが、
上記の例でいうとアンカーテキストは
「こちらの記事も読んでみてください。」
という文字ですね。

このアンカーテキストのなかに
キーワードをしっかり入れておくべきなんです。

Googleはこのアンカーテキストを重要視しています。

どんな文字で紹介されているのかを見ているんです。

なので、内部リンクを貼る場合は
必ずリンク先の記事タイトルなどを使って
リンク先のキーワードが入るように意識してください。

これだけでもGoogleからの評価が高まりますので
検索上位に行きやすくなりますよ。

お試しあれ。

こちらの記事も非常に大切なので目を通しておいてください。
記事の文字数がコツ?ブログアクセスアップの方法!

p.s.

毎日4318人が購読している無料メルマガ!
1日1分読むだけで年収1000万の思考が身につく!
ブログを使ったパーソナルブランディングをマスターすれば、
年収1000万円レベルならすぐに達成可能です。
あなたの売上を上げるための極意を毎日無料でお届けします!
http://achieve-dream.net/archives/549

youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です