自己啓発とは?具体例と意味を徹底解説!

松崎茂利

自己啓発とは・・・?本当の意味とは?

自己啓発を勉強している人は多いですが、実際に仕事の成果に結びついている人は少ないので、本当に取り組むべき具体例な自己啓発とはなにかについてくわしく解説したいと思います。。

「自己啓発にハマりすぎるのはよくない」なんて言っている人もたくさんいますが、本来、自己啓発とはそういうものじゃないです。

ハマってもいいとかだめとか、その考え方自体が間違っています。

自己啓発とは本来、人として成長していくために欠かせない分野なんです。

どんなジャンルでも自己を高める努力をしない限り成功はありませんからね。

そこでこの記事では、自己啓発とはなにか?具体的にどんなことに取り組めばいいのかについてご説明します。

仕事 自己啓発 具体例

自己啓発とはなにか?本当の意味は?

成功哲学 ブログSNSパーソナルブランディングコーチの松崎です。

そもそも自己啓発とはなにかというと、「自分自身の能力を高めたり、精神的な成長を目指すこと」を指します。

自己啓発っていうとなんかあやしそうみたいなイメージを持っている人も多いですが、それは完全に誤解です。

自己啓発自体には怪しいもなにもありません。

だって、自分自身の成長を目指すのが自己啓発なんですから、誰もが目指すべきですよね!

ただ、自己啓発セミナーなどに出ると、あきらかに怪しい感じのところもありますので注意は必要です。洗脳っぽい手法をやるところもあるので気を付けてくださいね。

自己啓発というのは「自分の能力を高めたり、精神的な成長を目指すこと」というのはわかったけど、では具体的にどんな行動をとればいいのでしょうか?

自己啓発とは?具体的な例

自己啓発のための具体的な例として私が実際に取り組んできた内容は、

  • 読書
  • 専門知識の勉強
  • ジョギング
  • 柔軟
  • 筋トレ
  • セミナーへの参加
  • 潜在意識の書き換え

このような行動を積極的に実行してきました。

これらを自分の生活の一部に取り入れるように強く意識して自己啓発してきました。

こういった行動は緊急性が無いものばかりですから、みんな後回しにしがちなのですが、人生の質を高めるために欠かせない要素です。

読書にしてもジョギングにしても、今日やらなければ死ぬわけでもないし、給料が減るわけでもありません。予防的要素が強いものなので誰も積極的に取り組もうとしないんです。

だからこそ、しっかりと自制心をもって生活の中にスケジューリングしている人たちは、質の高い人生を送ることができます。

普通の人が嫌がること、面倒くさがることをどれだけ取り組むことができるか?これが人生の質を高める最大のポイントかもしれませんね。

これらの行動はあくまでも例として挙げたもので、自己啓発のための行動はほかにもたくさんありますが、一番大切なことは、今、自分にとってやるべきことは何か?をしっかりと意識することです。

「毎日取り組むことによって劇的に人生を変えることができる行動は何か?」

これを一度じっくり考えてみてください。

私たちは今やるべきことが何か、潜在意識レベルではわかっているんです。

よりよい人生を送るためには、自分自身の能力を高めなければいけないことは誰もが理解しています。

でもほとんどの人が行動しない。

こういった自己啓発のための行動は差し迫った必要性があるわけじゃないので、強く意識していないとあとまわしになってしまいます。

読書はさぼっても差しあたって困ることはありません。

先ほどもお話したように、読書をさぼったら来月の給料が10万減るわけでもないし、愛する人が死ぬわけでもありません。だからたいていあとまわしにされてしまう。

有酸素運動をしばらくやらなくたって明日すぐに病気になるわけではありません。今日運動をしなかったら明日ガンになるとわかっていたら誰でも運動するでしょう。でもほとんどの人が運動をしない。

緊急でない重要事項をどれだけ優先的に実行することができるか。

将来の利益のために目先の欲求を捨てることができるか。これができるかどうかであなたの人生が大きく変化します。

自己啓発本おすすめランキングはこちら!

自己啓発とは・・・緊急性がない!

そもそも自己啓発自体に緊急性はないですからね。

よっぽど追い込まれている状況でしたら別ですが、普通に生活ができていて仕事にも困っていない人なら、緊急性をもって自己啓発に取り組むことは非常にむずかしい。

だから自己啓発を生活の一部に取り入れることができれば、人よりも成果を出すことができるわけです。

当たり前ですよね。人がやっていないことをやるわけですから。

私たちは緊急性がないものをあとまわしにしていますが、緊急性がないものほど重要なことが多いです。

もしあなたが人一倍成果を出したいと望むなら、緊急性が低くて重要だと思うことに積極的に取り組むべきです。

つまり、人が面倒くさいと思うことを積極的に実行する癖をつければ人生は確実に好転するということです。

もし、あなたが今、厳しい状況に置かれているのなら、それは最大のチャンスです。苦しければ苦しいほど大きな可能性を秘めています。

苦しい状況というのは「行動の動機」になります。やらなければいけない状況に立たされてはじめて本領を発揮するのです。だから、苦境に立たされることは素晴らしいことです。ぜひそのチャンスを逃さないでくださいね!

自己啓発したければコーチをつけるべし!

あとは自己啓発の具体例としておすすめなのは、コーチを見つけることです。

すでに結果を出している師匠を見つけて教えを乞うのです。これはどんな自己啓発の行動よりも最も効果があると考えていいです。

私たちの意志はもともとそんなに強いものではありません。

誘惑があれば心はなびくし、何かを継続するにも一人では難しいですが、心から応援してくれて常に見てくれる人がいれば私たちはがんばることができます。

「すべてを一人でやろうとするな」

これは私がある人物から言われた言葉で、これを意識し始めた時に人生が変わりはじめました。

もちろん、すべての責任は自分にありますし、自分ががんばらなければ何も起こりません。ただ、すべてを一人でやろうとしていては成功は遠のいてしまうのです。

誰にも教えてもらうことなく成功することがあなたの美学ならそれはそれでいいでしょう。否定するつもりはありません。

しかし、もしあなたが結果にフォーカスをするのであれば、それまでのプロセスは知っている人に教えてもらえばいいのです。

あなたがもし最短で成功したいなら、すでに成果を出している人に教えを乞うべきです。これ以上の自己啓発はありません。教わるチャンスがあるならどんどん活用すべきですね。

一日のうち30分だけ自己啓発の時間をつくる

自己啓発のためにはとにかく行動が大事なのは間違いありません。

自己啓発を否定する人のなかには・・・「とにかく行動!と言っているだけではだめ」みたいなことを主張している人もいますがそれは間違いです。

「即行動」は成功者の共通点です。

新しい行動を毎日の生活に取り入れない限りは今まで通りの人生を歩むことになります。

行動に変化を与えないで結果の変化を望むなんて馬鹿げていますよね。

なにも行動を変えずにいい結果を望むのは宝くじで1億円が当たることを望むのと一緒です。

これは成功哲学とは真逆の考え方です。

成功している人たちは宝くじで儲けようなんて考えることはありません。自分の力で稼ぐことに集中しています。

運で1億円を手に入れても必ず破産します。

しっかり実力をつけて継続的に1億円が入ってくる仕組みを作らなければ意味がないんです。

そのためには日々自分を磨く必要があります。刃を研ぐ時間を作ることが非常に大切です。

日々成長し続けること、昨日の自分よりも新しい自分になること、こういった意識が大切ですね!

自己啓発の勉強におすすめの人物!

このブログのサイドバーにも登場していますが、私はジェームス・スキナーの影響を大きく受けています。

彼の本はもう何十回も読み返しましたし、セミナーにも参加させていただきました。そこで学んだマインドは今のビジネスにも大いに活用できていますし、私のマインドの基礎をつくったといっても過言ではありません。

本気で自分を変えて人生を好転させたいと願っている人はぜひジェームス・スキナーを研究することをおすすめします。

特にこの本は私が大好きな本です。

もう一人自己啓発を勉強する上で絶対に欠かすことのできない人物をご紹介しましょう。

ナポレオンヒルはもうご存知の方も多いでしょう。「思考は現実化する」という本の著者ですね。実に600ページを超えるめちゃくちゃ分厚い本で、読み始めるのにちょっと勇気がいる本です。本屋さんで見かけたけど、あまりの分厚さにおじけづいてしまった人も多いのではないでしょうか。

私はこの本を10回以上読みました。「この本を10回読めば人生が変わる」という言葉を信じて繰り返し繰り返し読みました。

私は速読ができないので、普通に1字ずつ読んでいます。だから読み切るのにけっこうな日数を要するのですが、この本に書かれている内容を脳に刷り込むために何度も何度も読みました。

このことが自分の思考に大きな影響を与えたことは間違いありません。考え方が変わったのが実感できましたし、なによりも成功するために必要なことがわかりました。自分に足らないもの、自分の長所・短所にも気づくことができました。

自己啓発は人生を変えるのは間違いありません。そして、自己啓発の原点といわれているこの本には、成功の要諦がすべて詰まっているといってもいいくらいです。

とにかくだまされたと思って10回読み返してみてください。たった数千円のお金と数週間の自己投資で人生が激変するならやってみる価値は十分ありますよね。

成功者はほぼ間違いなく読書という自己投資に時間を費やしています。自己啓発のために良質な本を大量に読み込んでいます。良質な情報を脳にインプットすることなく、良質な人生を送ることはできません。

とにかく行動が大事といわれますが、はっきりいって良質な知識を持っていないのにがむしゃらに行動したって成功なんてありえません。

知識は宝です。良質な情報こそ脳の肥やしです。

セミナーやコンサルももちろんいいですが、読書には読書の良さがあります。毎日読書をする習慣を身につけましょう!

まとめ

自己啓発について理解していただけましたか?

自己啓発と聞くと「あやしい」と感じる人もいますが、本来、自己啓発は怪しいものでもなんでもありません。

自己啓発とは「自分自身の能力を高めたり、精神的な成長を目指すこと」。

1日30分だけでも自分自身の刃を研ぐ時間をつくって、より高いレベルのライフスタイルを手に入れましょう。

そのためにはやりたくないこともやらなければいけないときがあります。やりたいことだけをやって望む結果を手に入れられないか、やるべきことをやって望む結果をすべて手に入れるか。

どちらを選択するかはあなた次第です。

こちらの記事も必ず目を通しておいてください。
夢ノートは書き方を間違えると逆効果!夢を引き寄せる方法!

1 個のコメント

  • 自己啓発に関する本は自分を変える為に色々読みましたが結局行動せず、また他の本を探すという事を繰り返して来ました。実際に行動を継続されている松崎様を見て感動しました。ありがとうございます。色々と知識を吸収させていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です